【離婚事由】悪意の遺棄とは?わかりやすく解説

探偵業に従事しています、Rです。
北海道から鹿児島まで全国各地で調査してきました。
わかりやすく解説してますので是非ご覧ください。

こんな疑問を抱える方に向けて書いています。

・ 悪意の遺棄って?
・ どのような場合が該当する?

悪意の遺棄とは、「ある事実を知っていながら放っておくこと」を意味します。

「悪意」とは法律用語で「ある事実を知っていること」を言います。

ここでいう「ある事実」とは、夫婦に課される義務のことを指しています。

民法上、夫婦には婚姻したときから
同居義務・協力義務・扶助義務という3つの義務が課せられていて
これらは夫婦である以上、守られなければなりません。

この3つの義務に違反していることを知っていながら、相手を放っておくことが悪意の遺棄に該当します。

どのような場合が該当する?

夫婦には同居義務・協力義務・扶助義務という3つの義務があると冒頭に言いました。
各項目該当するパターンを解説します。


同居義務違反

  • 理由もなく同居を拒否
  • 生活費は支払うが、パートナーがどこに住んでいるのかわからない
  • 突然家出をしてしまった

協力義務違反

  • 分担したはずの家事を全くやらない
  • 親族と関係をやっていく協力をせず、一方的に拒絶している
  • 生活費の折半など取り決めたことを守ろうとしない

扶助義務違反

  • 収入があるのに生活費を払わない
  • 別居前に約束した生活費を送ってこない
  • 病気の医療費を負担しない

該当しない場合

下記のようなやむを得ない理由がある場合は該当しないとされています。

  • 仕事上の都合での単身赴任による別居
  • 夫婦関係を修復させるための別居
  • 病気や介護に専念するための別居
  • 病気や健康上の理由で家事をすることができない
  • 失業中や病気の為働けず生活費を払えない

最後にまとめ

どの程度の期間の別居が悪意の遺棄として判断されるかについては
最短でも2ヶ月程度といった裁判例もあり
実際には期間よりも遺棄への意思が重視されている傾向があります。

お困りの方は離婚問題のプロである弁護士に相談しましょう。

パートナーの浮気が原因で離婚に至る場合
探偵に浮気調査を依頼し法的に有効な証拠を集めることによって
慰謝料請求や離婚を有利に進める事が可能です。

探偵に依頼する事を考えていて
探偵社選びで失敗したくなのであれば
弁護士法人が運営する探偵社 響・Agentが個人的なおすすめです。

理由は下記のとおりです。

弁護士法人が運営している事
適正価格であること、他社比較平均4割安
 【さらに調査時間16時間を超えると料金半額】
弁護士監修の報告書である事
調査をリアルタイムで報告してくれること
代表が有名な弁護士、西川研一である事

相談は無料のようなので、一度検討してみるのもいいですね。

ただし支社が東京・大阪・福岡のみですのでお住いのエリアが対応可能か確認が必要です。

下の記事で探偵社 響・Agentについてまとめてますのでよかったらご覧ください。

探偵社 響・Agentの公式サイトはこちらから

上記のエリアよりかなり離れた所に住んでいる
比較検討して一番条件にあう所に依頼したい

という方は適した探偵社がどこなのか比較して紹介してくれる
探偵探しのタント君というものを利用するのもおすすめです。

令和2年末時点で全国には6379件の探偵社があります
タント君が提携しているのは審査基準を満たした14社のみという事で厳選された会社と言えます。

無料なので一度利用を検討してみるのもありです。

探偵探しのタント君の公式サイトはこちらから

審査基準やサービス、口コミについてはこちらの別記事でまとめています。

もしもパートナーの浮気の可能性が高い場合

慰謝料を請求したい
別れさせたい
真実が知りたい
離婚の有無に関わらず証拠が欲しい
法的に有効な証拠が欲しい
不貞の証拠や実態を把握して離婚を有利に進めたい

など、さまざまな悩みがあると思います。

探偵に依頼すれば有効な証拠や事実関係を明らかにしてくれるでしょう。

しかし、探偵に浮気調査を依頼するとおおまかに

1名の1時間あたり7500円から10000円
20時間で40~50万円
30時間で60~70万円
40時間で80~90万円

程度が相場でなかなかの費用がかかります。

費用が高いので自力で解決したい
探偵に依頼するのはちょっと気が引ける
浮気しているかの事実確認がしたい、真実が知りたい
法的に有効な証拠までは必要なく事実を知りたい

という方はGPSを使った自分での調査をおすすめします。

こちらの方法ならGPSのレンタル代だけで済みますので1か月の調査で3万程度まで抑える事が可能です。

そして、パートナーの行動が明らかになるのでモヤモヤした気持ちから解放されること
この方法でも不貞の事実が認められるような出入りを撮影できれば法的に有効な証拠にもなります。

判明事項が多ければ多いほど探偵に依頼する場合、費用を抑える事ができます
探偵に依頼を考えている場合でも一度自分での調査は経由するのがおすすめです。

詳しくまとめてみましたので、下記の記事を参考にしてみてください

【離婚とお金】年金分割って?条件や注意点をわかりやすく解説

探偵業に従事しています、Rです。 北海道から鹿児島まで全国各地で調査してきました。 わかりやすく解説してますので是非ご覧 ...

【離婚とこども】子どもとの面会交流権とは?わかりやすく解説

離婚した状態であっても自分の子供であることには変わりません。子供が健全に育っていくには双方からの愛情は欠かせません。子供の監護権を...

【離婚とこども】こどもの引き渡しって?判断基準は?

すでに別居している状態で離婚の話し合いをしているときに相手が子供を連れていってしまった場合子どもを返してもらうために子の引き...

【まとめ】離婚の種類とは?4種類ある!

離婚の種類って?主に4つあります。簡単に解説していきますので見ていきましょう。協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚

【まとめ】離婚にまつわるお金について解説

離婚には必ずお金の問題がついて回ります。今回は主に離婚時に話し合う5つのお金の解説をしようと思います。簡単に解説していきます...