離婚する際に浮気調査を依頼した方が良いことパターンとは?

離婚する際に浮気調査を依頼した方が良いことパターンとは?

主に下記の通りです。

  • 浮気をしているかもしれない
  • 浮気をされていて浮気相手やパートナーに慰謝料したい
  • 離婚を切り出されたが、思い当たる節がない

浮気されていた場合、損害賠償請求として慰謝料を請求できる権利があります。

慰謝料請求するには不貞の事実を証明する証拠が必要です。
そしてそのような証拠があれば離婚を有利に進めることも可能です。

詳しく知りたい方はこちらの記事で解説しています。

慰謝料の決まる要素は?

慰謝料の高額になるケースと低額になるケースを簡単に解説

自分で調査する方法はどんな方法がある?

GPS発信機を使った自分での浮気調査方法、自分で調査する方法を解説してる記事がありますので詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

早く離婚したい場合は?

調停の場合1ヶ月に1度程度、1回2~3時間しか開かれないので離婚するのに時間がかかることが多いです。しかし、協議離婚の場合毎...

財産分与の割合ってどれくらい??

夫婦の共有財産の財産分与の割合は、原則的に2分の1ずつというのが一般的です。

不倫の慰謝料請求の流れって?

慰謝料請求の流れを簡単に解説します。