慰謝料請求できる条件がある?請求できないパターンって?

慰謝料請求できる条件がある?請求できないパターンって?

慰謝料を請求できる条件は下記の通り

  • 既婚者であることを知りながら肉体関係を持った
  • 浮気・不倫によって夫婦関係が崩壊してしまった

次に慰謝料請求ができない条件は下記の通りです。

  • 既婚者であることを知らないまま肉体関係を持った
  • 夫婦の仲が悪く、婚姻関係がすでに破綻していた(別居している場合、婚姻関係が破綻していたと判断される可能性が高い)
  • すでに精神的な損害を補う十分な慰謝料を受け取っている
  • 時効が経過してしまった

あわせて読みたい

婚姻費用から住宅ローン分は減額される?

離婚するまでは妻に生活費を支払う義務があります。住宅ローン分も払っているので減額されるのか?結論はされません。

3年以上の生死不明の提起に必要なものって?

警察の捜索願の受理書、友人や勤務先の人の陳述書、事件や災害があったことの証明

父親が親権をとるには不利?取りやすくするには?

親権は母親の方が取りやすく、教育や育児に適していると考えられています。父親が親権を取るには簡単ではありません。下記のような状...

原一探偵事務所ってどんな会社?

主な特徴は下記の通りです。・46年の調査実績・年間50,000件の相談件数・全国主要都市に18拠点

離婚したあとに必要な手続きって?

主に下記の通りです。離婚届の提出、住民票の移動、健康保険や年金制度への加入・変更、様々な名義変更【姓が変わるので免許やカー...