【簡単】浮気調査で部屋やマンションの出入りは証拠になる?

探偵業を運営しています。Rです。
北海道から鹿児島まで全国各地で調査してきました。

今回はこんな疑問を抱える方にむけて記事を書いています。

・浮気や浮気調査で部屋やマンションの出入りは証拠になるの?

浮気調査では、ラブホテルを利用する場合、出入りを押さえれば有効な不貞の証拠とすることができます。

しかし、ラブホテルを利用していない場合はどのような証拠を押さえているのか?

そういった場合、部屋への出入りが重要となってきます。
それぞれ見ていきましょう

法的に有効な証拠とはどこからか

法律上の定義においては不倫や浮気といった言葉を用いずに、「不貞行為」という言葉を使います。

不貞行為とは、婚姻・婚約・内縁関係にある人が、別の異性と自由意志にもとづいて肉体関係を持つことを指します。

不貞行為は民法第709条に定められている不法行為にあたるので、慰謝料請求の対象となり、証明するためには肉体関係を明確に示す証拠が必要です。

なので交際中などの場合は不貞行為にはあたらないということですね。

1回きりの不貞行為では証拠とならないケースもあるので、複数にわたって不貞行為が行われている事実を突き止めることが重要です。

証拠になるものには

  • ラブホテルに出入りしている写真,動画
  • 性行為の写真やそれに近い写真,動画
  • 探偵事務所の調査報告書

など肉体関係が確認できるもの当てはまります。

1回きりの不貞行為では証拠とならないケースもあるので

  • ラブホテル、2~3回
  • シティホテルや家、4~5回

の出入りが分かる写真や動画があると良いと言われています。

家の出入りだけでは証拠にはならない

パートナーが女性(男性)の家に出入りしていたとしたら、浮気していると断言したくなります。

密室に二人きりでいれば、何もないはずはないからです。

しかし、相手の家に出入りしている写真を手に入れただけでは、浮気の証拠としては弱いです。

memo

家は居住の場所なので、ラブホテルとは違うからです。
ラブホテルの場合は、入ったことが肉体関係があったことを示しますが、家の場合そうとは限りません。

大切なのは複数回の出入り

浮気相手の家の出入りを不貞の証拠として相手に浮気を認めさせたいのなら、複数回出入りしている写真や動画が必要になります。

上記で言った通り4-5回の出入りの写真や動画があるといいでしょう。

何度も通っているということになれば、浮気をしているという客観的証拠につながるからです。

その他の証拠と合わせればより有効な証拠として使うことができます。

  • 浮気相手と出入りするところの撮影
  • 長時間の滞在
  • 宿泊
  • 手を繋ぐ
  • キスをする

などの様子をおさえて証拠能力を高める必要があるでしょう。。

シティホテルの場合

ラブホテルは性交渉を行うための施設である一方、通常のホテルや旅館などは宿泊が主な目的となります。

しかし、一緒に同じ部屋に入る様子を押さえることができれば証拠としての効力が大きくなります

カップルが同じ部屋で過ごしたなら性行為もあったと推認しやすくなるからです。

ホテルに出入りする様子はもちろん、チェックイン・チェックアウトする様子も撮影できるといいです。

マンションや個人宅の場合

マンションや個人宅は居住するための建物です。

出入りには主に3つのパターンがあります。順にみていきましょう。

部屋玄関が目視で監視できる場合

造りによっては外から玄関が見える場合がありますので、その場合は部屋への出入りを撮影で押さえることになります。

memo

誰の部屋に入ったかが確定できますので長時間滞在や宿泊した場合の証拠能力があがります。

部屋玄関が目視で監視できないパターン

オートロックマンションが多くなってきたので建物の中を確認することが出来ず
どの部屋に入ったのかが不明なケースもありますが
浮気相手と一緒に建物に入った場合は浮気相手の部屋に行ったと判断する事は可能でしょう。

一人で訪れているパターン

通常は浮気相手とともにマンションやアパートに入ることが多いですが、浮気相手が待つ部屋を一人で訪れるケースも見られます。

memo

部屋玄関が目視で監視できない場合は、訪れている部屋番号や部屋の居住主の特定
浮気相手とともに外出する機会の撮影などを根気よく行う必要があります

最後にまとめ

浮気相手への家の出入り写真は、一度だけでは証拠として弱いということですね。

外での様子(キスや手をつなぐ)や滞在時間、複数回の出入りで証拠能力を高めていく必要があるようです

もしもパートナーの浮気の可能性が高い場合

慰謝料を請求したい
別れさせたい
真実が知りたい
離婚の有無に関わらず証拠が欲しい
法的に有効な証拠が欲しい
不貞の証拠や実態を把握して離婚を有利に進めたい

など、さまざまな悩みがあると思います。

探偵に依頼すれば有効な証拠や事実関係を明らかにしてくれるでしょう。

しかし、探偵に浮気調査を依頼するとおおまかに

1名の1時間あたり7500円から10000円
20時間で40~50万円
30時間で60~70万円
40時間で80~90万円

程度が相場でなかなかの費用がかかります。

費用が高いので自力で解決したい
探偵に依頼するのはちょっと気が引ける
浮気しているかの事実確認がしたい、真実が知りたい
法的に有効な証拠までは必要なく事実を知りたい

という方はGPSを使った自分での調査をおすすめします。

こちらの方法ならGPSのレンタル代だけで済みますので1か月の調査で3万程度まで抑える事が可能です。

そして、パートナーの行動が明らかになるのでモヤモヤした気持ちから解放されること
この方法でも不貞の事実が認められるような出入りを撮影できれば法的に有効な証拠にもなります

判明事項が多ければ多いほど探偵に依頼する場合、費用を抑える事ができます
探偵に依頼を考えている場合でも一度自分での調査は経由するのがおすすめです。

詳しくまとめてみましたので、下記の記事を参考にしてみてください

探偵に依頼する事を考えていて
探偵社選びで失敗したくなのであれば
弁護士法人が運営する探偵社 響・Agentが個人的なおすすめです。

理由は下記のとおりです。

弁護士法人が運営している事
適正価格であること、他社比較平均4割安
 【さらに調査時間16時間を超えると料金半額】
弁護士監修の報告書である事
調査をリアルタイムで報告してくれること
代表が有名な弁護士、西川研一である事

相談は無料のようなので、一度検討してみるのもいいですね。

ただし支社が東京・大阪・福岡のみですのでお住いのエリアが対応可能か確認が必要です。

下の記事で探偵社 響・Agentについてまとめてますのでよかったらご覧ください。

探偵社 響・Agentの公式サイトはこちらから

上記のエリアよりかなり離れた所に住んでいる
比較検討して一番条件にあう所に依頼したい

という方は適した探偵社がどこなのか比較して紹介してくれる
探偵探しのタント君というものを利用するのもおすすめです。

令和2年末時点で全国には6379件の探偵社があります
タント君が提携しているのは審査基準を満たした14社のみという事で厳選された会社と言えます。

無料なので一度利用を検討してみるのもありです。

探偵探しのタント君の公式サイトはこちらから

審査基準やサービス、口コミについてはこちらの別記事でまとめています。

浮気調査の探偵社の選び方の基準とは?5つの確認項目!実際に国民生活センターに寄せられた苦情も解説

浮気調査を依頼する上で信用できる探偵社って?・探偵社の選ぶ基準が知りたい。悪徳業者に出くわさない方法、実際にあった苦情を紹介していきたいと思います。

【節約】浮気調査の料金を安くする方法とは?無駄な調査を減らそう!

浮気調査の相場は一つの依頼で30万からと言われています。今回は費用を安くする具体的な方法を解説します。無駄な調査を減らして費用を押さえましょう。

【総まとめ】浮気調査の費用や安くする方法、自分で調査する方法は?その他浮気調査の総まとめ

浮気調査のまとめの記事を書きました。浮気調査の費用やポイント、自分で調査する方法などを解説します。この記事を読み終わる頃には浮気調査に…

【浮気調査アプリ4選】おすすめや無料なのはどれ?特徴を簡単に解説

浮気調査アプリって?おすすめや無料なのはどれ?・違法性はないの?今回は浮気調査アプリ4つを解説していきたいと思います。

【危険】浮気調査アプリでLINEまで見れるmSpy(エムスパイ)とは?デメリットと料金も解説

浮気調査アプリでラインまで見れるものはどれ?それを可能にするmSpy(エムスパイ)というものがあります。エムスパイについて解説していきたいと思います。