【夫の不貞】夫婦間で些細な事で口論になることが多かった、慰謝料請求額は500万円、認定額は0円

裁判所 東京地裁
判決日 H28.4.26
原告
以後Xと表記
妻【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H10.10.19、約14年7か月
夫婦の子の有無 長女【12歳】
長男【9歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
不貞行為不成立

不貞行為当時の夫婦関係
Y【女】との関係がなくとも、A【夫】がX【妻】との別居を考えたとして不自然ではなかった。

交際の経緯、積極性等
A【夫】Y【女】はH23に仕事で一緒になって知り合った。
H25.4.16、A【夫】は入院時に連絡先としてY【女】を指名しており、相当親密な関係にあったことがうかがわれるが可能性の域を超えない。H25秋には、A【夫】Y【女】は男女関係を持った。

この事案における特殊性等
X【妻】A【夫】は些細な日常の出来事を巡って口論となることが多く、H23には、X【妻】はA【夫】の作った食事を食べることを嫌がり、H24夏には、A【夫】が家族旅行を拒否し、H24.9には、A【夫】は離婚を有利に進めるための証拠収集を始めた。

その後夫婦の婚姻関係
H25.2.18別居
H25.6離婚調停不成立

判決
慰謝料の請求額500万円→判決による認定額0円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】お見合いパーティーで出会う、慰謝料請求額は双方に500万、認定額は夫のみ250万

交際の経緯、積極性等、H22.8.1お見合いパーティーで出会うH22.12.3から夫婦同然の生活を開始した

【夫の不貞】不貞関係発覚後も関係を継続、慰謝料請求額は500万円、認定額は250万円

不貞行為当時の夫婦関係X【妻】は、米国籍で日本語を母国語としないA【夫】の墨絵画家としての活動を助けてきた...

【夫の不貞】職場で出会い不貞期間は2か月、慰謝料請求額は220万、認定額は0円

職場にて知り合う。Y【女】はA【夫】が既婚者である事を知っていた。H22.2、Y【女】の妊娠を知った、A【夫】の態度によりY【女】は...

【夫の不貞】精神医学講座にて知り合う、夫は講師、慰謝料請求額は1500万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【夫】が講師をしていた精神医学講座でY【女】が研修を受けて知り合った。その後Y【女】は同講座に助教授として所属した。

【夫の不貞】学会主催のワークショップで知り合い不貞期間は2年、慰謝料請求額は300万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等、H21秋、学会主催のワークショップにて知り合う。Y【女】が学位を取得するための事実上の指導をA【夫】が行うことになった。YはAが...