浮気の証拠になる写真の例はどんなもの?

浮気の証拠になる写真の例はどんなもの?

不貞行為(浮気を法律上では不貞行為と言います)とは内縁関係を含む配偶者や婚約者が、それ以外の異性と性交渉を行うことを指します。

現実的に性交渉をしている写真を撮影するのは困難です。

状況的に考えて肉体関係があるとしか思えない写真が不貞行為を立証することができます。

具体的には浮気相手と一緒にラブホテルに出入りしている写真です。

一度だけでは性交渉を行った証拠としてはやや弱い面があります。

写真が証拠として提出されたにも関わらず、不貞行為とは認められなかった判例もあるよう。

ラブホテルに出入りしている写真を2回以上撮影したいところです。

滞在時間が長ければ長いほど強力な証拠となります。


原一探偵事務所さんからの引用

このような写真が素晴らしいですね。
正面から二人の顔がはっきりと映っています。

アルコール依存症は精神病に該当しない?

アルコール依存症とは、薬物依存の一種で飲酒などによってアルコールを摂取せずにはいられなくなってしまう精神疾患のひとつ。アルコ...

調停ではなにを聞かれる?

主に下記の通り。離婚にいたるまでの経緯や原因、現在の夫婦生活の状況や問題点、親権・養育費・財産分与などに関する考え、離婚後の生活について

別居後の不貞行為は離婚原因になる?

離婚原因になるかどうかは、重要なのは夫婦関係破たんの有無です。

悪徳業者にひっかからないためには?

主に下記の通りです。自分である程度調査し時間制で請け負ってくれる所を探す、紹介サービスを使う

探偵社と興信所の違いって?

探偵は「こっそり」 と 「密かに」 調査を行い、 対して堂々と聞き込みなどの 手法を用いて情報収集するのが興信所と言われています。