別居後の不貞行為は離婚原因になる?

別居後の不貞行為は離婚原因になる?

離婚原因になるかどうかは、重要なのは夫婦関係破たんの有無です。

夫婦関係が破綻してから別居し他の異性と関係を持ったとしても不貞行為とはなりません

しかし、夫婦関係が破綻していない状態の別居で他の異性と関係を持った場合、不貞行為になり慰謝料請求の対象にもなります

婚姻関係の破綻の判断基準として下記のような基準が目安になります。

  • 別居期間(5年を目安として、婚姻関係が破綻していると考えられる)
  • 別居にいたるまでの経緯
  • どれくらい交流や連絡をとっているか

過剰な宗教活動がある場合、離婚できる?

問題ない範囲で宗教活動を行っているのであれば、離婚の理由とは認められません。過度であり、夫婦生活に支障をきたしていることが条...

回復の見込みがない強度の精神病とは?

パートナーが強度の精神病になってしまった場合これを理由に離婚を請求することが可能となっています。強度の精神病は法定離婚事...

面会交流を決めていたのに守られかった場合は?

面会交流の取り決めが夫婦間の協議によって行われていて約束が守られなかった場合家庭裁判所に面会交流の調停を申し立てをおこないます。

浮気相手のみに慰謝料請求できるの?

結論から言うと可能です。不貞行為の慰謝料は、配偶者と不貞の相手方が連帯して支払義務を負うものです。2人は、それぞれが全額の支...

3年以上の生死不明とは?

法定離婚原因となっているのは3年以上の生死不明となっています。生死不明とは一切の消息が掴めず、生きているのかどうかもわからな…