不貞の慰謝料を請求する際の注意点ってある?

不貞の慰謝料を請求する際の注意点ってある?

慰謝料請求する際に注意するポイントは主に3つです。

相手の住所もしくは連絡先を判明させる

当たり前の話ですが、相手が誰なのか不明では慰謝料請求することが出来ません

特定できない場合、弁護士や探偵などに調査してもらうとよいでしょう。

弁護士は、弁護士会照会といって、弁護士会を通じて、官公庁や企業、事業所などに、相手の連絡先など、事実を問い合わせる制度を利用することができます。
これらの手段を通じて、浮気相手を突き止めることができる場合もあります。

パートナーから慰謝料をすでに受け取っている場合【二重に請求できない】

浮気に対する精神的苦痛でパートナーからすでに全額の慰謝料を受け取っているような場合は、浮気相手に二重で請求することはできませんので注意が必要です。

慰謝料請求には時効がある

慰謝料請求の時効が成立してしまうと、慰謝料の請求が行えないというもの。

時効は浮気の事実を知ってから原則3年
浮気を把握していなかったり浮気相手を認識していなかったりする場合には20年となります。

W不倫の場合、慰謝料はどうなる?

W不倫の方が慎重な対応が必要です。不倫相手も既婚者だった場合、その配偶者も同じように慰謝料を請求してくる可能性があるからです。

部屋やマンションの出入りは証拠になる?

相手の家に出入りしている写真を手に入れただけでは、浮気の証拠としては弱いです。大切なのは複数回の出入りです。4-5回の出入りの...

財産分与の対象にならない特有財産ってどんなもの?

財産分与の対象にはならない財産として、「特有財産」というものがあります。特有財産とは、「婚姻前から片方が有していた財産」と...

過剰な宗教活動がある場合、離婚できる?

問題ない範囲で宗教活動を行っているのであれば、離婚の理由とは認められません。過度であり、夫婦生活に支障をきたしていることが条...

別居中に浮気調査を依頼するメリットとデメリットは?

別居中に浮気調査を依頼するメリットとデメリットを簡単に解説します。