裁判離婚の成立までの流れって?

裁判離婚の成立までの流れって?

裁判離婚の成立までの流れは下記の通りです。

  • 調停によって裁判を起こすための条件を満たす
  • 訴状を提出し、離婚請求の訴訟を提起する
  • 必要回数だけ裁判所にて主張と立証を繰り返す
  • 裁判所から離婚を認める判決を得る
  • 判決確定後、管轄の市区町村役場へ判決書の提出
  • 裁判離婚成立

別居中に浮気調査を依頼するメリットとデメリットは?

別居中に浮気調査を依頼するメリットとデメリットを簡単に解説します。

妊娠中に離婚したらどうなる?親権や養育費は?

妊娠中に離婚届けを提出する場合、原則として親権は母親になります。養育費ですが親権がない親の方に支払い義務が発生します。がしか...

面会交流を決めていたのに守られかった場合は?

面会交流の取り決めが夫婦間の協議によって行われていて約束が守られなかった場合家庭裁判所に面会交流の調停を申し立てをおこないます。

自分で調査する上での違法性はどんなものがある?

主に下記の通りです。GPSやボイスレコーダーを使う行為(プライバシーの侵害、住居侵入罪など)SNSやメールの中身を勝手に見る行...

探偵の浮気調査の目的って?

主に探偵が行う浮気調査の目的は基本的に以下の3つです。浮気の事実確認、不貞の証拠の撮影、浮気相手の特定。