家庭内別居状態で浮気された場合、慰謝料請求できる?

家庭内別居状態で浮気された場合、慰謝料請求できる?

不倫開始時に既に夫婦関係が破綻していた場合は、慰謝料を請求できないとされています。

一緒に暮らしながらほとんど会話がない“家庭内別居”でもこれに当てはまるのでしょうか。

複数の判例では、「別の住居に暮らしている」ことを“夫婦関係破綻”の条件としています。

そのため、家庭内別居状態でも不倫相手に慰謝料を請求できる可能性があります

離婚成立後に離婚条件の変更したい!調停の期限って?

裁判所は離婚成立日から3年間までしか、財産分与や慰謝料についての調停や裁判は受け付けてくれません。

離婚届けの証人の条件はある?

離婚届の証人は、20歳以上であれば誰でもなることができます。

慰謝料請求できる条件がある?請求できないパターンって?

慰謝料を請求できる条件は下記の通り。既婚者であることを知りながら肉体関係を持った、浮気・不倫によって夫婦関係が崩壊してしまった

調査がうまくいかないパターンって?

主に下記の通りです。証拠の撮影ができない、張り込み中に警察に通報される、対象者にバレる

部屋やマンションの出入りは証拠になる?

相手の家に出入りしている写真を手に入れただけでは、浮気の証拠としては弱いです。大切なのは複数回の出入りです。4-5回の出入りの...