浮気の証拠が完全に揃ってなくても慰謝料請求できる?

浮気の証拠が揃ってなくても慰謝料請求できる?

浮気の証拠が完全に揃ってなくても慰謝料請求は可能です。

証拠というのは裁判で説明するために必要なのであって
慰謝料請求するだけであれば確定的な証拠は必要ありません。

ラインでのやり取り、クレジットカードなどでの食事をしていた履歴、ホテルの宿泊履歴など
そのようなものでも、それを相手が後ろめたく感じるなら慰謝料請求は可能です。

証拠としては不十分な場合でも、話し合いの材料があれば問題はありません。

相手に慰謝料を支払いを認めさせることがゴールです。

なので浮気の自白なども確定的な証拠となります。

memo

小さな証拠でも組み合わせることによって
相手に支払いを認めさせることができる可能性があります。

家庭内別居状態で浮気された場合、慰謝料請求できる?

複数の判例では、「別の住居に暮らしている」ことを“夫婦関係破綻”の条件としています。そのため、家庭内別居状態でも不倫相手に慰謝料を請求できる可能性があります。

婚姻を継続し難い重大な事由で離婚する場合、証拠が重要?

裁判にて主張をするにはその事由を証明する証拠が必要です。裁判ではできるだけ具体的な証拠があると有利になるでしょう。

子の引き渡しって?家庭裁判所にて行う手続き?

すでに別居している状態で離婚の話し合いをしているときに相手が子供を連れていってしまった場合子どもを返してもらうために子の引き...

調停の流れって?

手続きはどのように進められるのか。主に下記の通りです。

ボイスレコーダーの選ぶ条件は?

選ぶ基準としては下記の通りです。録音性能、バッテリー容量、大きさ