親権と監護権とは?別々に指定できる場合って?

親権と監護権とは?別々に指定できる場合って?

親権と身上監護権というものがあります。

親権の中で、身上監護権のみを取り出して、親が子どもを監護し教育する権利義務を監護権といいます。

監護権は親権の一部となっていますので、通常は親権者が監護権者も兼ねるべきとされています。

親権者と監護権者を別々に指定ができるのは、事情がある場合になります。

例をあげると下記のような場合です。

  • 親権者は父親だが、出張などで世話ができない
  • 財産管理については父親が適しているが、子どもが小さいため母親を監護権者としたほうが発育上良い

不倫相手から逆に請求されたらどうする?

もし不倫相手が有力な証拠を持っていて、裁判の中で裁判官が不倫相手の主張を認めた場合はあなたのパートナーが慰謝料を支払うこと...

財産分与時に借金があるとどうなる?

借金がある場合、重要な点は結婚生活に必要な借金だったかという点です。結婚生活に不必要で個人的に作ったような借金の場合負担する...

3年以上の生死不明の提起に必要なものって?

警察の捜索願の受理書、友人や勤務先の人の陳述書、事件や災害があったことの証明

おすすめの探偵社は?

弁護士法人が運営する探偵社 響・Agentが個人的なおすすめです。相談は無料のようなので、一度検討してみるのもいいですね。

部屋やマンションの出入りは証拠になる?

相手の家に出入りしている写真を手に入れただけでは、浮気の証拠としては弱いです。大切なのは複数回の出入りです。4-5回の出入りの...