親権者を話し合いで決定できなかった場合は調停?裁判所の判断基準は?

親権者を話し合いで決定できなかった場合は?

話し合いで決まらなった場合は家庭裁判所の調停へ移行する事になります。

さらにそれでも決まらなかった場合は裁判官が決定する審判手続きへ移行します。

審判に対する判断に納得できない場合は裁判へ移行することになります。

裁判所の判断基準

裁判所側に親権者として認めてもらうには、子どもに対する利益という点が判断基準になります。

主に下記の通りです。

  • 子どもへの愛情
  • 経済力
  • 自身以外に面倒を見られる者がいるか
  • 年齢と生活環境
  • 子ども本人の意見(15歳以上の場合)
  • そのほかの兄弟姉妹の状況

上記のような条件を考慮したうえで子どもの年齢によっても変わってきます

下記のように母親の方が有利といえるでしょう。
母親の方が子育てに適任だという認識があることですね。

  • 8~9歳まで 母親が親権者
  • 10~15歳まで 基本的には母親が親権者だが、本人の意思も考慮
  • 15歳以上 本人の意思

養育費の離婚協議書や公正証書の作成は必要?後からのトラブルを避けるためにも作成しよう

養育費を取り決める際、口約束のみで取り決めた場合、しっかりと支払われない、言った言わないなどのトラブルになることは予想できま...

離婚時に海外の相手だったらどの法律に従う?

結婚した相手の国の離婚に関する法律が共通しているのであれば、その法律に従うことになります。そうでなかった場合は、普段婚姻生活...

同性愛者の場合、婚姻を継続し難い重大な事由に該当する?

法律では同性同士の性行為を不貞行為としてはいません。なので不貞行為には該当しません。しかし、過去の判例では同性愛者という...

何が不貞行為に該当する?

不貞行為とは、婚姻・婚約・内縁関係にある人が、別の異性と自由意志にもとづいて肉体関係を持つことを指します。

早く離婚したい場合は?

調停の場合1ヶ月に1度程度、1回2~3時間しか開かれないので離婚するのに時間がかかることが多いです。しかし、協議離婚の場合毎...