離婚以外の審判決定はよくある

離婚以外の審判決定はよくある

たとえば養育費や子供との面会、交流について
話し合いの長期化が子供の発育に悪影響を及ぼすと判断されれば
調停での解決を待たずに審判による決定がされることがあります。

その他に婚姻費用や日常生活を送るために解決を急ぐ場合、審判による決定がおこなれることがあります。

memo

早急な決定が必要な状況下においては、審判での決定が出されることになっています。

離婚成立後に離婚条件の変更したい!調停の期限って?

裁判所は離婚成立日から3年間までしか、財産分与や慰謝料についての調停や裁判は受け付けてくれません。

養育費の金額はどうやって決まる?概算シミュレーターで計算してみよう

養育費の金額は「自分と同じ水準の生活を保持できる金額」が原則となっています。基本的には双方の収入、子供の数と年齢によって算出...

同性愛者の場合、婚姻を継続し難い重大な事由に該当する?

法律では同性同士の性行為を不貞行為としてはいません。なので不貞行為には該当しません。しかし、過去の判例では同性愛者という...

ペットは財産分与の対象?養育費などは発生する?

法律上、ペットは物としてみなされています。よって、ペットは預金や不動産などと同様、離婚時には財産分与の対象として取り扱われま...

面会交流権を決めるときなにを決めておけばいい?

原則、話し合いで決定します。取り決めをすることができない場合、家庭裁判所での面会交流調停を利用するのが一般的です。面会交流権...