アルコール依存症は精神病に該当しない?

アルコール依存症は精神病に該当しない?

アルコール依存症とは、薬物依存の一種で飲酒などによってアルコールを摂取せずにはいられなくなってしまう精神疾患のひとつ。

アルコール依存症は精神医学の分野では厳密に精神病とされていません。

法律も同様でアルコール依存症は強度の精神病には該当しません。

memo

アルコール依存症は、本人の意思などで治すことができるので
回復の見込みがないという点に該当しないという側面もあります。

実際にあった苦情はどんなもの?

今回は2016年度に国民生活センターに寄せられた苦情を4件紹介します。

MR総合探偵社ってどんな会社?

探偵学校があるという点と代表の方がラジオ放送している点が印象的です。代表の岡田さんという方がyoutubeもやっているみたいなので...

どんなベテラン探偵でも見失うシチュエーションがある?

主に下記の通りです。車で尾行する場合信号や交通状況、警戒していてさらに人気のない住宅街であまり近づけない、電車から車に乗り換え,,,

調停を考えているが相手の住所がわからない場合は?

相手の住所がわからない場合調停を進めることができません。こういった場合は住民票や戸籍の附票などで調べていく必要があります。自...

ラビット探偵社ってどんな会社?

浮気調査に特化しているというラビット探偵社。・浮気調査に特化した探偵事務所・全国14支店・随時進捗状態を報告、リアルタイム報...