犯罪による服役がある場合、離婚できる?

犯罪による服役がある場合、離婚できる?

犯罪による服役があった場合でもすぐ離婚が認められるわけではありません。

何度も犯行を繰り返す、服役が長期間に及び、残された配偶者や子供に重大な支障を与え
婚姻関係の継続が困難という判断してもらう必要があります。

協議離婚書ってどんなの?

夫婦間にて取り決めた内容の書面を離婚協議書と言います。

調査に適したカメラの条件は?

主な条件は下記の通りです。人物が判別できるレベルの画質、液晶部分が可動式、片手で収まるサイズ、コンパクト、夜間の撮影可能

LINEで浮気調査する方法って?

LINEの全世代の利用率は86.9%と言われています。日本国内の月間アクティブユーザー数は約8,400万人にものぼるそうです。ラインを見る...

浮気調査アプリはどんなことができるの?

夫婦であったとしても勝手にアプリをインストールする行為は違法性があるので注意しましょう。エムスパイというスパイアプリを実際に...

家庭内別居状態で浮気された場合、慰謝料請求できる?

複数の判例では、「別の住居に暮らしている」ことを“夫婦関係破綻”の条件としています。そのため、家庭内別居状態でも不倫相手に慰謝料を請求できる可能性があります。