【夫の不貞】二次会パーティで出会い、慰謝料請求額は330万円、認定額は0円

裁判所 東京地裁
判決日 H28.2.17
原告
以後Xと表記
妻【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H23.12.24、約3年
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか H24.6中絶
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
不貞行為不成立

不貞行為当時の夫婦関係

交際の経緯、積極性等
H24.2.26X【妻】A【夫】が知人を集めて開いたパーティーの二次会で知り合った。
A【夫】Y【女】はH24.3.7から連絡を取り合うようになり、月末頃から肉体関係を持つようになった。H25.1頃まで、多い時には週に1回、少ない時には2~3週間に1回程度会っていた。Y【女】はH25.8にA【夫】が既婚者であることを知った。

この事案における特殊性等
Y【女】は、交際中には、A【夫】と共に大勢の男女が集まる飲み会に度々参加していたほか、A【夫】がかつてホストであったことも知っており、A【夫】の生活が落ち着いたものではないと認識していたと認められることYから、A【夫】が既婚者であると知らずにAと肉体関係を持っていたと説明されたX【妻】が、それを信用してA【夫】を非難していること等から、Y【女】に過失があったとまでは認め難いとされた。

その後夫婦の婚姻関係
婚姻関係継続

判決
慰謝料の請求額330万円→判決による認定額0円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】業務関係のパーティで知り合い不貞期間は3年、慰謝料請求額は300万円、認定額は50万円

交際の経緯、積極性等,H24.6、A【夫】Y【女】は業務関係のパーティーで知り合った。A【夫】はY【女】に対して結婚をほのめかしたり、婚姻届用紙を交付した...

【妻の不貞】夫の友人との不貞、慰謝料請求額は300万円、認定額は0円

不貞行為当時の夫婦関係,A【妻】はH22.8頃から実家に戻ったままあまり自宅に帰らなくなり、12.26にはマンションを貸借した。H23.1.20、婚姻関係は破綻し...

【夫の不貞】インターネットサイトで知り合い不貞期間は3年、慰謝料請求額は550万円、認定額330万円

交際の経緯、積極性等、インターネットコミュニケーションサイトを通じて知り合う。H22.4から同居した。Y【女】はA【夫】と別れること...

【夫の不貞】同じ歯科クリニックの同僚、期間は1年、慰謝料請求額は330万円、認定額は165万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】は歯科クリニックに勤める同僚である。H24春頃から2人で食事やドライブに行くようになった。X【妻】からの交際中止...

【夫の不貞】妻を介して知り合い不貞期間は数か月、慰謝料請求額は300万円、認定額は80万円

交際の経緯、積極性等、Y【女】はX【妻】が飲食する寿司店で働いており、H25夏頃X【妻】を介してA【夫】と知り合った。H25.12、A【夫】がY【女】に、離婚...