【妻の不貞】不貞関係を裏付ける客観的証拠が一切提出されていないため不成立、慰謝料請求額は400万円、認定額は0円

    裁判所 東京地裁
    判決日 H28.3.11
    原告
    以後Xと表記
    夫【50歳、X】
    不貞当事者【有責配偶者】
    以後Aと表記
    妻【45歳、A】
    不貞当事者【被告】
    以後Yと表記
    男【被告、31歳、既婚者、Y】
    夫婦の婚姻期間 H8.1.2、約16年8か月
    夫婦の子の有無 長男【17歳】
    長女【14歳】
    不貞当事者間に子供がいたか
    被告から原告に対する謝罪の有無等

    どちらの不貞行為か【有責配偶者】
    妻の不貞行為

    不貞開始時期及び期間
    不貞行為不成立

    不貞行為当時の夫婦関係

    交際の経緯、積極性等
    A【妻】は、H22.9頃、Y【男】の勤務している老人ホームに入社し、Y【男】と出会った。

    この事案における特殊性等
    A【妻】Y【男】の不貞関係を裏付ける客観的証拠が一切提出されていないため、不貞関係を認定することはできない。

    その後夫婦の婚姻関係
    H24.9.18協議離婚

    判決
    慰謝料の請求額400万円→判決による認定額0円

    浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
    お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
    無料相談はこちらから

【夫の不貞】風俗店で知り合い不貞期間は11か月、慰謝料請求額は300万円、認定額は60万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】Y【女】は、Y【女】が勤務していた風俗店にA【夫】が来店し、知り合う。H25.10以降、Y【女】はA【夫】のY【女】に対する好意...

【夫の不貞】父親づてで知り合い不貞期間は3年、慰謝料請求額は1億1000万、認定額は330万

交際の経緯、積極性等、Y【女】の父は病気であるA【夫】の父をサポートしており、Y【女】は、父亡き後、H16.8頃、墓参りに訪れたA...

【妻の不貞】同じ職場での不貞、期間は1か月、慰謝料請求額は330万円、認定額は200万円

交際の経緯、積極性等、A【妻】Y【男】は同じ職場に勤めていた。

【妻の不貞】職場の上司、不貞期間は1か月、慰謝料請求額は600万、認定額は300万

交際の経緯、積極性等、Y【男】はA【妻】の上司。2人で飲酒をした際にY【男】が主導的にA【妻】と不適切な関係を持った上、それを材料...

【夫の不貞】資格取得の研修で出会う、慰謝料請求額は300万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、H24.3頃、資格取得のための研修コースに参加し、知り合う。その後、仕事上の用事により…