【夫の不貞】妻を介して知り合い不貞期間は数か月、慰謝料請求額は300万円、認定額は80万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.8.4
原告
以後Xと表記
妻【63歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【被告、47歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、55歳、Y】
夫婦の婚姻期間 H12.4、約14年
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H25.12~、約数か月

不貞行為当時の夫婦関係
破綻していない。

交際の経緯、積極性等
Y【女】はX【妻】が飲食する寿司店で働いており、H25夏頃X【妻】を介してA【夫】と知り合った。
H25.12、A【夫】がY【女】に、離婚届を書いて離婚することになったと告げ、男女関係を結んだ。

この事案における特殊性等
A【夫】は、Y【女】と交際するより前に、X【妻】に対し、不満を述べたり、離|婚の申出をしていたと供述するが、その時期や不満の内容はあいまいである。

その後夫婦の婚姻関係
H26.3半ば、別居、離婚訴訟

判決
慰謝料の請求額300万円【連帯債務】→判決による認定額80万円【連帯債務】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】女が妻に交際している旨のメッセージをフェイスブックで送る、慰謝料請求額は550万円、認定額は176万円

交際の経緯、積極性等,Y【女】は、H26.7東京の友人に会うために福岡から上京した際、A【夫】と知り合った。

【夫の不貞】業務関係のパーティで知り合い不貞期間は3年、慰謝料請求額は300万円、認定額は50万円

交際の経緯、積極性等,H24.6、A【夫】Y【女】は業務関係のパーティーで知り合った。A【夫】はY【女】に対して結婚をほのめかしたり、婚姻届用紙を交付した...

【夫の不貞】離婚した後、婚姻する意思を有している、慰謝料請求額は660万円、認定額は150万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】は同じ会社に勤務しており、面識があった。Y【女】はA【夫】からX【妻】との夫婦関係が良好でないと告げられ....

【夫の不貞】資格取得の研修で出会う、慰謝料請求額は300万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、H24.3頃、資格取得のための研修コースに参加し、知り合う。その後、仕事上の用事により…

【夫の不貞】双方に配偶者あり、損害賠償請求をし合わないことを決めた

不貞行為当時の夫婦関係、婚姻したばかりであった。