【夫の不貞】スナックで出会い不貞期間は約1年、慰謝料請求額は359万円、認定額は110万円

裁判所 札幌家裁
判決日 H27.5.21
原告
以後Xと表記
妻【39歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【38歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H8.11.9、約17年
夫婦の子の有無 長男【16歳】
長女【14歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H24.11~、約1年

不貞行為当時の夫婦関係
X【妻】がずさんな家計管理を続けたことに対してA【夫】の不信感が増大し、夫婦関係がぎくしゃくしていたが、破綻はしていない。

交際の経緯、積極性等
A【夫】がY【女】勤務のスナックに入店し、知り合う。
H24.11頃、A【夫】が酔ったY【女】をA【夫】宅に連れ込み、強引に肉体関係をもった。
Y【女】はA【夫】の話を安易に信用し、交際を続けた。A【夫】が主導的。

この事案における特殊性等
探偵に依頼した調査費用については、探偵を利用したことによって不貞関係が発覚したわけではないから、相当因果関係がなく、損害と認められない。

その後夫婦の婚姻関係
H25.10頃別居
10.15離婚調停【不調】
H26.2.1離婚訴訟

判決
慰謝料の請求額330万円、調査費用29万8000円→判決による認定額110万円【慰謝料100万円、弁護士費用10万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】一方的に別居に踏み切る、慰謝料請求額は100万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH24.10.25頃知り合い、頻繁にLINEのメッセージを送り合い、Y【女】はA【夫】が賃貸物件を探すのを手伝ったりした。

【妻の不貞】外国人交流パーティで出会う、不貞行為は1回、慰謝料請求額は330万円、認定額は110万円

交際の経緯、積極性等,A【男】Y【妻】は、H25.12.外国|人との交流を謳ったパーティーで知り合った。

【夫の不貞】組合にて知り合い、不貞期間は3年4か月、慰謝料請求額は560万円、認定額は264万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】が加入し、理事を務めている組合にY【女】が事務職員として雇用され、知り合う。H22.7.23不貞関係を開始し、月1ないし2回の...

【妻の不貞】不貞発覚後も親密な関係にあった、不貞期間は4年9ヶ月、慰謝料請求額は230万円、認定額は110万円

交際の経緯、積極性等,H24.4~8の間に少なくとも3回性交渉を持った。H24.8.24、Y【男】はX【夫】に対して同じ過ちをしない旨が記載された念書に署名押印し...

【妻の不貞】不貞期間は2か月、慰謝料請求額は1100万円、認定額は55万円

交際の経緯、積極性等、Y【男】はA【妻】から家庭生活は既に壊れていると聞かされていたが、A【妻】がX【夫】及び子と同居していること...