【夫の不貞】ゲストハウスで知り合い不貞期間は5か月、慰謝料請求額は220万円、認定額は66万円

裁判所 東京地裁
判決日 H
原告
以後Xと表記
妻【35歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【35歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H20.10.2、約5年3か月
夫婦の子の有無 子【1歳】
不貞当事者間に子供がいたか H24.4中絶
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞行為当時の夫婦関係
H23.10別居しているが、H24.1頃にX【妻】はA【夫】に対して連絡し、
その後も連絡やデートを繰り返し、
3月頃には同居を再開しX【妻】はA【夫】との子を出産した。
破綻はしていない。

不貞開始時期及び期間
H23.10~H24.3、約5か月

交際の経緯、積極性等
A【女】Y【夫】は同じゲストハウスに居住したことから知り合い、交際を開始した。

この事案における特殊性等
H24.5.8にはA【夫】の不貞を確信していたX【妻】がA【夫】と同居し、
A【夫】との子を出産していることから、
X【妻】はA【夫】を宥恕していると認められる。

その後夫婦の婚姻関係
H23.10頃~H24.3別居
H26.1再度別居

判決
慰謝料の請求額220万円→判決による認定額66万円【慰謝料60万円、弁護士費用6万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【妻の不貞】工場のアルバイトで出会い不貞期間は5年半、慰謝料請求額は330万円、認定額は165万円

交際の経緯、積極性等、X【夫】とY【男】は面識がありZの紹介によりA【妻】はY【男】の勤める工場でアルバイトを始めた。Y【男】は...

【夫の不貞】携帯電話のメッセージで性的関係発覚、慰謝料請求額は550万円、認定額は220万円

交際の経緯、積極性等、Y【女】はA【夫】が既婚者であることを知りながら交際を開始した。H25.4、AYは半同棲生活を開始した。

【夫の不貞】不貞発覚後も関係を継続、期間は約22年、慰謝料請求額は1100万円、認定額は440万円

交際の経緯、積極性等、H5に不貞関係がX【妻】に露見した後も、A【夫】Y【女】はX【妻】を欺く態様で不貞関係を継続した。

【妻の不貞】少年団の活動で出会う、慰謝料請求額は400万、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、少年団の活動で知り合う。H22.12頃から結婚を前提に交際していた。

【夫の不貞】大学の同期生との不貞、慰謝料請求額は300万、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、大学の同期生。2人で会食をしたり恋愛感情を表現するようなメールを送ったりした。