【夫の不貞】女が勤務する飲食店で出会う、慰謝料請求額は500万円、認定額は50万円

裁判所 東京地裁
判決日 H28.3.24
原告
以後Xと表記
妻【52歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【52歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H2.1.8、約24年
夫婦の子の有無 長男【23歳】
長女【21歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H25.5頃~、約半年

不貞行為当時の夫婦関係
安定した関係であった。

交際の経緯、積極性等
A【夫】Y【女】はH22頃までに、Y【女】の勤務していた飲食店で知り合った。Y【女】はA【夫】が既婚者であることを知りながらH25.5頃から不貞関係を持った。H25.11、A【夫】はY【女】をAの経営する美容室において雇用、勤務させた。

この事案における特殊性等
A【夫】Y【女】間の将来の求償関係においての無資力の危険をYのみが負うことの不公平に言及している。

その後夫婦の婚姻関係
離婚していない。

判決
慰謝料の請求額500万円→判決による認定額50万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【妻の不貞】離婚資金作りの為に風俗店に勤める、慰謝料請求額は457万円、認定額は30万円

交際の経緯、積極性等,H25.1頃から、A【妻】は離婚資金作りのためにX【夫】や親族らに秘して風俗店で勤務し始め、複数の男性と男女関係を持った。

不貞期間は1年5か月、相姦者は結婚している事を知っていた、慰謝料請求額は300万円、認定額は200万円

この事案における特殊性等、Y【相姦者、被告】は答弁書その他書面を提出しない。

婚姻前に内縁関係が成立していたと主張するが認められず、慰謝料請求額は220万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,性交渉したことを認めるに足る証拠はない。

【夫の不貞】高校の同級生との不貞、旅行で訪れたことをきっかけに会うようになる、慰謝料請求額は330万円、認定額は165万円

交際の経緯、積極性等,高校の同級生だった。H23.8、X【妻】A【夫】が旅行した際にY【女】の居住地を訪れ、それ以降会うようになった。

【夫の不貞】飲食店で出会い不貞期間は10年、慰謝料請求額は1100万円、認定額は300万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】Y【女】はY【女】の勤めていた飲食店で知り合い、A【夫】が交際を申し込んだ。Y【女】はA【夫】に妻子...