【夫の不貞】不貞相手との間に子あり、慰謝料請求額は300万円、認定額は200万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.8.25
原告
以後Xと表記
妻【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【被告、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【Y】
夫婦の婚姻期間 H21.6.12、約5年
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか 子【3歳】
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H23.1、約3年

不貞行為当時の夫婦関係

交際の経緯、積極性等
A【夫】Y【女】は不貞関係発覚後、X【妻】が婚姻関係継続のためにマンションを購入した後も会い続けていた。

この事案における特殊性等
A【夫】は、不貞行為と離婚との間に相当因果関係なしとして争ったが認められなかった。

その後夫婦の婚姻関係
H26.7.9離婚

判決
慰謝料の請求額300万円→判決による認定額200万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】中学の同級生との不貞行為、慰謝料請求額は330万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、XAYは、中学校の同級生。Y【女】はX【妻】A【夫】が交際を始める以前のH22.7頃、A【夫】とミクシィを通じて...

【妻の不貞】ミクシィで知り合い不貞期間は5か月、慰謝料請求額は220万円、認定額は88万円

交際の経緯、積極性等、ミクシィを通じて知り合い、お互いに配偶者がいることを知りながら不貞行為をおこなった。

時効により不法行為不成立、慰謝料請求額は140万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、H23.1.19、自家用車内で会い、性行為又は類似行為をした。

【夫の不貞】不貞相手との間に子あり、慰謝料請求額は500万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH25.11.22に婚姻した。

【妻の不貞】原告側のDVにより不法行為不成立、慰謝料請求額は330万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、A【妻】Y【男】は金沢で4、5回会ったことがある、部屋に行ったことがある、などの付き合いはあったが、当時のA...