【妻の不貞】慰謝料請求額は800万円、認定額は120万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.9.16
原告
以後Xと表記
夫【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H9.4.29、約17年2か月
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H25.4.19~5.24、約1か月

不貞行為当時の夫婦関係
A【妻】はX【夫】に对して自宅からの退去を求めたことはあったが、さらに同居解消に向けて具体的な行動を起こした形跡はない。破綻していない。

交際の経緯、積極性等
A【妻】Y【男】はH24.1.9と5.24に不貞行為をした。また、その前後にキスや抱擁を交わした。

この事案における特殊性等
XAの婚姻関係の破綻については、X【夫】とA【妻】の価値観の相違やコミュニケーション不足も無関係とはいえない。

その後夫婦の婚姻関係
H26.7.14離婚調停【不調】、離婚訴訟

判決
慰謝料の請求額800万円→判決による認定額120万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【妻の不貞】夫の友人との不貞、慰謝料請求額は300万円、認定額は0円

不貞行為当時の夫婦関係,A【妻】はH22.8頃から実家に戻ったままあまり自宅に帰らなくなり、12.26にはマンションを貸借した。H23.1.20、婚姻関係は破綻し...

30年前の交友していた友人と不貞、不貞期間は1年、慰謝料請求額は500万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,30年程前頃、A【有責配偶者】Y【相姦者】は友人グループの一員として交友したことがあった。YはAに配偶者がいることを知っていた...

【夫の不貞】不貞相手との間に子あり、慰謝料請求額は300万円、認定額は200万円

この事案における特殊性等,A【夫】は、不貞行為と離婚との間に相当因果関係なしとして争ったが認められなかった。

【妻の不貞】地元の友人との不貞、期間は2か月、慰謝料請求額は550万円、認定額は220万円

裁判所 東京地裁 判決日 H27.27 原告 以後Xと表記 夫【X】 不貞当事者【有責配偶者】 以後Aと表記 妻【A】 ...

【夫の不貞】妻を介して知り合い不貞期間は数か月、慰謝料請求額は300万円、認定額は80万円

交際の経緯、積極性等、Y【女】はX【妻】が飲食する寿司店で働いており、H25夏頃X【妻】を介してA【夫】と知り合った。H25.12、A【夫】がY【女】に、離婚...