【妻の不貞】同僚との不貞、慰謝料請求額は550万円、認定額は99万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.8.21
原告
以後Xと表記
夫【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H22.4.9、約3年5か月
夫婦の子の有無 なし
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H25.7頃

不貞行為当時の夫婦関係
H25.4頃から婚姻関係はかなり悪化していた。

交際の経緯、積極性等
Y【男】はA【妻】の同僚であり教育係である

この事案における特殊性等
A【妻】は証人として採用され、2回呼び出しを受けたが出廷しなかった。
不貞関係がないとすれば誤解を解くために証言すると思われるところ出廷を拒むのは、A【妻】Y【男】に不貞関係があったことを補強する事実である。
X【夫】はH25.9に抑うつ病と診断され過呼吸、胃炎も認められる。

その後夫婦の婚姻関係
H25.9.16別居
H26.8夫婦関係調整調停

判決
慰謝料の請求額550万円→判決による認定額99万円【慰謝料90万円、弁護士費用9万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【夫の不貞】勤務先で出会い不貞期間は6年4か月、慰謝料請求額は1000万、認定額は150万

交際の経緯、積極性等、Y【女】はA【夫】の勤務先のパート従業員でありA【夫】の誘いに応じて交際が始まった。A【夫】はY【女】に高価...

【妻の不貞】不貞関係を裏付ける客観的証拠が一切提出されていないため不成立、慰謝料請求額は400万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【妻】は、H22.9頃、Y【男】の勤務している老人ホームに入社し、Y【男】と出会った。

【夫の不貞】銀座のクラブで出会い不貞期間は2年7か月、慰謝料請求額は200万円、認定額は120万円

交際の経緯、積極性等、H23.5頃、Y【女】が勤務していた銀座のクラブにA【夫】が来店し知り合った。Y【女】はA【夫】に配偶者がいるこ...

【夫の不貞】ITスクールの講師同士の不貞、慰謝料請求額は330万円、認定額は198万円

この事案における特殊性等.X【妻】は、Y【女】が慰謝料の支払いを免れるため、A【夫】の名誉を傷付ける内容の虚偽の事実を告げたことによって、より一層...

【夫の不貞】妻が女にメールを送ることにより既婚者であることを知る、慰謝料請求額は300万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH21.5頃から交際を始めたが、Y【女】はA【夫】が既婚者であることを知らなかった。