【離婚事由】回復の見込みがない強度の精神病とは?わかりやすく解説

パートナーが強度の精神病になってしまった場合
これを理由に離婚を請求することが可能となっています。
強度の精神病は法定離婚事由の1つとして認められています。

ただし精神病であるだけでは離婚できません。
回復の見込みのない強度の精神病という医師の診断が必須です。

簡単に解説していきますので見ていきましょう。

どのような病気が強度の精神病になる?

どのような病気が認められるのか。
過去の判例では下記のような病気が認められています。

  • 認知症
  • 躁うつ病

なおかつ回復の見込みがないほど強度であるという事と
下記の条件を満たした場合に認められました。

  • 長期間治療しているが回復が見込めない
  • 可能な限りの看護をおこなった
  • 離婚後、生活費や医療費をどう負担していくか明確になっている

該当しないパターン

全ての精神病が対象になるわけではありません。

下記のようなものは強度の精神病に該当しません。

  • アルコール中毒
  • 薬物中毒
  • 解離性障害(ヒステリー)

しかし上記のような場合、離婚事由の婚姻を継続し難い重要な事由として離婚提起することは可能です。

【まとめ】離婚を提起できる5つの理由とは?

これら5種類の事由にあてはまった場合たとえパートナーが離婚に納得していなくても離婚が認められうるという規定です。下記の通りで...

【簡単】審判離婚って?離婚以外の審判決定はよくある

調停不成立となった場合に裁判官の判断によって行われる「調停に代わる審判による離婚」というものです。つまり、裁判官の判断で強制...

【離婚事由】不貞行為とは?わかりやすく解説

不貞行為とは、婚姻している人が配偶者以外と肉体関係をもつことです。浮気や不倫に近いですが、法律には浮気や不倫といった言葉がな...

【離婚とお金】婚姻費用って?別居中の生活費っていくらもらえる?わかりやすく解説

別居中の生活費のことを法律上は婚姻費用と言います。今回はそんな婚姻費用の具体的な金額や支払われない場合の対処法などを見ていき...

【まとめ】離婚時のこどもの問題4つ!わかりやすく解説

離婚時に子供がいる場合は、大きな問題でありしっかりとした取り決めが必要になってきます。離婚届を提出する際も子どもの親権を決め...