裁判離婚は証拠が重要?

裁判離婚は証拠が重要?

裁判では「証拠裁判主義」といって証拠によって主張を立証しなければなりません。

裁判離婚を行うのであれば、法律で定められた離婚原因を満たす証拠を提示しなければなりません。

離婚の提起できる理由は5つの定められており下記の通りです。

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 生死不明の場合
  • 強度の精神病
  • 婚姻を継続し難い重大な事由


これを立証できないと裁判離婚の成立は難しくなります。

離婚が認められる判決を得るには?

離婚裁判では上記の事由を立証する証拠が非常に重要となってきます。

裁判になる前から証拠集めをする必要があります。
なので、証拠はコツコツと集めておく必要があるということになります。

memo

どの離婚原因で離婚を求めるかにもよっても、必要な証拠が変わってきます。
自分の提起する原因が、どういったものが証拠として認められるのかよく把握しておく必要があります。

ギャンブルや浪費癖がある場合、離婚できる?

相手の過度の浪費により夫婦関係が破綻するようなことがあれば婚姻を継続しがたい重大な理由に該当し、離婚理由として認められる可能...

婚姻を継続し難い重大な事由で離婚する場合、証拠が重要?

裁判にて主張をするにはその事由を証明する証拠が必要です。裁判ではできるだけ具体的な証拠があると有利になるでしょう。

3年以上の生死不明の提起に必要なものって?

警察の捜索願の受理書、友人や勤務先の人の陳述書、事件や災害があったことの証明

審判離婚って?あまりない?

調停不成立となった場合に裁判官の判断によって行われる「調停に代わる審判による離婚」というものです。つまり、裁判官の判断で...

父親が親権をとるには不利?取りやすくするには?

親権は母親の方が取りやすく、教育や育児に適していると考えられています。父親が親権を取るには簡単ではありません。下記のような状...