【夫の不貞】勤務先で出会い不貞期間は6年4か月、慰謝料請求額は1000万、認定額は150万

裁判所 東京地裁
判決日 H27.1.15
原告
以後Xと表記
妻【39歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、52歳、Y】
夫婦の婚姻期間 H14.1.30、約11年
夫婦の子の有無 一男三女
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H21.10頃~H24.6、約6年4か月

不貞行為当時の夫婦関係
平穏な夫婦生活を営んでいた。

交際の経緯、積極性等
Y【女】はA【夫】の勤務先のパート従業員でありA【夫】の誘いに応じて交際が始まった。
A【夫】はY【女】に高価な腕時計を贈ったりした。
H24.6.3、Y【女】はA【夫】から暴行を受け、傷害を負い、関係を解消した。

この事案における特殊性等
X【妻】はA【夫】に対して慰謝料を求めておらず、X【妻】A【夫】は離婚後も同居し、A【夫】は子らの生活費等を負担している。

その後夫婦の婚姻関係
H25.8.8協議離婚

判決
慰謝料の請求額1000万→判決による認定額150万

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】大学の教授とレッスン生、期間は1年7か月、慰謝料請求額は500万、認定額は100万

交際の経緯、積極性等、Y【女】は所属大学の声楽科教授であるA【夫】の個人レッスンを受けていた。Y【女】はX【夫】A【妻】が婚姻関係...

【夫の不貞】共通の知人の紹介で不貞期間は7か月、慰謝料請求額は550万円、認定額は165万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】Y【女】は同じ会社に勤務していた。A【夫】が積極的に不特定の不貞相手を募集し...

【夫の不貞】不貞相手との間に子あり、慰謝料請求額は300万円、認定額は200万円

この事案における特殊性等,A【夫】は、不貞行為と離婚との間に相当因果関係なしとして争ったが認められなかった。

【夫の不貞】勤務先の同僚の不貞、不貞相手との間に子あり、慰謝料請求額は1100万円、認定額は330万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】は勤務先の同僚であった。H20.8頃から、A【夫】がX【妻】と離婚することを前提にして肉体関係を伴う交際を開始した。

【夫の不貞】小学校の同級生との不貞、同窓会で再会、慰謝料請求額は550万円、認定額は165万円

この事案における特殊性等,A【夫】はH23.8下旬には自宅に帰らなくなり、同9頃から長女を無視するようになった。