【妻の不貞】慰謝料請求額は500万円、認定額は50万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.4.17
原告
以後Xと表記
夫【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H5.4.30、約21年
夫婦の子の有無 長女【19歳】
長男【14歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H25.11.26

不貞行為当時の夫婦関係
夫婦関係は極めて浅薄であったが、子らの福祉の観点から共同生活を営んでおり、
子らが成人するまで数年は婚姻を解消しないつもりであった。

交際の経緯、積極性等
H25.11.26にA【妻】Y【男】は肉体関係をもった。

この事案における特殊性等
A【妻】が別居していて具体的に離婚する手続に入っているなどというように、
通常人であれば婚燃共同生活の平和という法的保護に値する法的利益がないと判断するような客観的状況を、
A【妻】やその関係者から具体的に聞き及んでいたのではないから、Y【男】の過失は否定されない。

その後夫婦の婚姻関係
離婚協議開始

判決
慰謝料の請求額500万円→判決による認定額50万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【妻の不貞】1回だけ性交渉を持った。既婚者であることを知ったのは性交渉を持った後、慰謝料請求額は330万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【妻】Y【男】はH24.6終わりから7初旬頃に飲食店で一緒に呑んだことで知り合った。

【妻の不貞】同僚との不貞、慰謝料請求額は550万円、認定額は99万円

この事案における特殊性等,A【妻】は証人として採用され、2回呼び出しを受けたが出廷しなかった。不貞関係がないとすれば誤解を解くために証言すると思...

【夫の不貞】飲食店経営の女との不貞、期間は5年、慰謝料請求額は500万円、認定額は200万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】は飲食店を経営しているY【女】と出会い、交際を開始した。

御神輿の集まりで知り合い、不貞期間は1年4か月、慰謝料請求額は500万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,H25.5、御神輿の集まりを通じて知り合った。Y【相姦者】はA【有責配偶者】が既婚者であることを知っていた。

【夫の不貞】不貞発覚後も関係を継続、期間は約22年、慰謝料請求額は1100万円、認定額は440万円

交際の経緯、積極性等、H5に不貞関係がX【妻】に露見した後も、A【夫】Y【女】はX【妻】を欺く態様で不貞関係を継続した。