【妻の不貞】病院勤務の同僚、不貞期間は1年4か月、慰謝料請求額は1100万円、認定額は330万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.3.17
原告
以後Xと表記
夫【42歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【42歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、50歳、既婚者、Y】
夫婦の婚姻期間 H8.8.8、約18年
夫婦の子の有無 長男【14歳】
長女【11歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等 H25.6.8、話合いの席においてY【男】はX【夫】に謝罪をしたが、
署名を求められた誓約書は、内容が一方的であるとして破棄した。

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞行為当時の夫婦関係
少なくとも外形上婚姻関係に変化はない。

不貞開始時期及び期間
H25.2~、約1年4か月

交際の経緯、積極性等
X【夫】A【妻】Y【男】は、同僚として病院に勤務していた時期があり、Y【男】はX【夫】A【妻】が婚姻していることを知っていた。
A【妻】はH23.2頃、Y【男】に医療事務員とて雇用され、H25.2までには不貞関係を持つようになった。

この事案における特殊性等
Y【男】は謝罪したものの、X【夫】A【妻】の関係が改善したときにA【妻】Y【男】の関係を解消すると述べ、
A【妻】と会うことを止めない、また、A【妻】Y【男】の不貞関係の原因はX【夫】に問題があるとしてX【夫】を非難するなどした。

その後夫婦の婚姻関係
H26.6.12別居
8.20離婚調停

判決
慰謝料の請求額1100万円→判決による認定額330万円【慰謝料300万円、弁護士費用30万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【妻の不貞】職場の同僚で不貞行為不成立、慰謝料請求額は500万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、A【妻】Y【男】は職場の同僚である。相当に親密な関係にあったものと認められるが、A【妻】Y【男】はいずれも離婚に関わる問題を抱...

【夫の不貞】妻は不貞により心療内科に通院を余儀なくされている、慰謝料請求額は330万円、認定額は250万円

この事案における特殊性等,Y【女】は出頭及び書面提出をしないため、自白したものとみなされた。X【妻】は心療内科にほぼ毎月通院して服薬を継続するこ....

【夫の不貞】父親づてで知り合い不貞期間は3年、慰謝料請求額は1億1000万、認定額は330万

交際の経緯、積極性等、Y【女】の父は病気であるA【夫】の父をサポートしており、Y【女】は、父亡き後、H16.8頃、墓参りに訪れたA...

【夫の不貞】経営する会社に入社し知り合う、不貞期間は約1年、慰謝料請求額は550万円、認定額は160万円

交際の経緯、積極性等、Y【女】がA【夫】の経営会社に入社し、知り合う。H20.6頃には会うことが少なくなり、Y【女】は、出産後は...

【夫の不貞】スナックで出会い不貞期間は約1年、慰謝料請求額は359万円、認定額は110万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】がY【女】勤務のスナックに入店し、知り合う。H24.11頃、A【夫】が酔ったY【女】をA【夫】宅に連れ込...