【妻の不貞】職場の同僚で不貞行為不成立、慰謝料請求額は500万円、認定額は0円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.7.23
原告
以後Xと表記
夫【44歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【37歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、既婚者、Y】
夫婦の婚姻期間 H18.7.20、約7年4か月
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞開始時期及び期間
不貞行為不成立

不貞行為当時の夫婦関係

交際の経緯、積極性等
A【妻】Y【男】は職場の同僚である。相当に親密な関係にあったものと認められるが、A【妻】Y【男】はいずれも離婚に関わる問題を抱えていた状態であり、そのための相談という側面があった可能性も否定できない。

この事案における特殊性等
A【妻】の下着に汚れが付いていることが多く見られたとの事実があったとしても、Y【妻】とA【男】との不貞行為を推認させるものではない。

その後夫婦の婚姻関係
H25.11.21別居、離婚調停係属中

判決
慰謝料の請求額500万円→判決による認定額0円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】精神医学講座にて知り合う、夫は講師、慰謝料請求額は1500万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【夫】が講師をしていた精神医学講座でY【女】が研修を受けて知り合った。その後Y【女】は同講座に助教授として所属した。

【夫の不貞】出会い系サイトで出会い不貞期間は2年半、慰謝料請求額は275万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,H23.6、出会い系サイトにて知り合う。その後交際を開始し、8月中旬、不貞行為をした。23.9初旬、Y【女】はA【夫】から婚姻している...

【妻の不貞】風俗嬢と客、慰謝料請求額は300万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,H17.11頃、Y【男】は風俗店を利用した際、風俗嬢としてA【妻】が派遣されてきて知り合う。H20頃、A【妻】は受取額が少なくなるから...

【妻の不貞】職場の上司、不貞期間は1か月、慰謝料請求額は600万、認定額は300万

交際の経緯、積極性等、Y【男】はA【妻】の上司。2人で飲酒をした際にY【男】が主導的にA【妻】と不適切な関係を持った上、それを材料...

【妻の不貞】LINEで知り合い不貞期間は7か月、慰謝料請求額は550万、認定額は330万

交際の経緯、積極性等、LINEで知り合う。A【妻】に夫がいることを承知しておりX【夫】とは自分が話をつける、自分がA【妻】と子らの面...