婚姻前に内縁関係が成立していたと主張するが認められず、慰謝料請求額は220万円、認定額は0円

裁判所 東京地裁
判決日 H28.3.9
原告
以後Xと表記
妻【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H24.12.4
夫婦の子の有無 長男【4歳】
次男【2歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
不貞行為不成立

不貞行為当時の夫婦関係
X【妻】は婚姻前に内縁関係が成立していたと主張するが認められず。

交際の経緯、積極性等
性交渉したことを認めるに足る証拠はない。

この事案における特殊性等
内縁関係の成立に当たって、X【妻】とA【夫】の親族間でのあいさつなどがされたという事情も見受けられない。

その後夫婦の婚姻関係

判決
慰謝料の請求額220万円→判決による認定額0円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】不貞期間は4年、慰謝料請求額は300万円、認定額は150万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】は、H21.5頃交際を開始し、H25.8.9以降は同棲している。

【妻の不貞】インターネットで知り合い不貞期間は3日、慰謝料請求額は500万円、認定額は110万円

不貞行為当時の夫婦関係,A【妻】が生活費の困窮等に不満を抱きX【夫】の暴力等を警察署に訴えて相談していたが、具体的な別居の予定もなかったことから...

【妻の不貞】不貞発覚後も親密な関係にあった、不貞期間は4年9ヶ月、慰謝料請求額は230万円、認定額は110万円

交際の経緯、積極性等,H24.4~8の間に少なくとも3回性交渉を持った。H24.8.24、Y【男】はX【夫】に対して同じ過ちをしない旨が記載された念書に署名押印し...

【夫の不貞】ミクシィで出会い不貞期間は1年1か月、慰謝料請求額は330万円、認定額は165万円

交際の経緯、積極性等、H24夏頃、ミクシィを通じて知り合い、9月頃に実際に会うようになった。A【夫】Y【女】は当初から互いに配偶者...

【夫の不貞】妻は不貞により心療内科に通院を余儀なくされている、慰謝料請求額は330万円、認定額は250万円

この事案における特殊性等,Y【女】は出頭及び書面提出をしないため、自白したものとみなされた。X【妻】は心療内科にほぼ毎月通院して服薬を継続するこ....