【夫の不貞】取締役と保険の営業担当の不貞、期間は4か月、慰謝料請求額は500万円、認定額は165万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.6.3
原告
以後Xと表記
妻【34歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【36歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、32歳、Y】
夫婦の婚姻期間 H11.5.16、約15年
夫婦の子の有無 長男【13歳】
次男【7歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H25.12.7~、約4か月

不貞行為当時の夫婦関係
夫婦関係が悪かったという事情は見当たらない

交際の経緯、積極性等
A【夫】はY【女】が保険の営業を担当している会社の取締役であり、Y【女】が担当になる前後から親しくなった。

この事案における特殊性等

その後夫婦の婚姻関係
家庭内別居
離婚を考えている、

判決
慰謝料の請求額500万円→判決による認定額165万円【慰謝料150万円、弁護士費用15万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【妻の不貞】男は配偶者がいることを知りながら不貞行為、慰謝料請求額は220万円、認定額は116万円

交際の経緯、積極性等,H26.5頃から、Y【男】はA【妻】に配偶者がいることを知りながら深夜、性行為に及んだ。

【夫の不貞】夫婦間で些細な事で口論になることが多かった、慰謝料請求額は500万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH23に仕事で一緒になって知り合った。

御神輿の集まりで知り合い、不貞期間は1年4か月、慰謝料請求額は500万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,H25.5、御神輿の集まりを通じて知り合った。Y【相姦者】はA【有責配偶者】が既婚者であることを知っていた。

【妻の不貞】慰謝料請求額は500万円、認定額は50万円

交際の経緯、積極性等、H25.11.26にA【妻】Y【男】は肉体関係をもった。

【妻の不貞】元交際相手との不貞、慰謝料請求額は300万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,Y【男】はA【妻】の元交際相手。H25.11.24、X【夫】がY【妻】に対してA【男】は自分と婚姻していることを通告しまたA【妻】に対して...