【夫の不貞】不貞相手との間に子あり、期間は9年半、慰謝料請求額は500万円、認定額は300万円

裁判所 東京地裁
判決日 H28.4.6
原告
以後Xと表記
妻【53歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【53歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、47歳、Y】
夫婦の婚姻期間 H3.10.10、約24年
夫婦の子の有無 長女【23歳】
長男【22歳】
次男【18歳】
不貞当事者間に子供がいたか 長男【7歳】
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H15.3~9
H16、夏ないし秋頃~現在、約9年半

不貞行為当時の夫婦関係
破綻していない。

交際の経緯、積極性等
A【夫】Y【女】はH15.3頃に知り合い、間もなく性交渉を含む交際を開始したが、同年9月頃にX【妻】に発覚し交際を一旦解消した。
H16夏ないし秋頃にAYは交際を再開し、H19.4頃から同居した。

この事案における特殊性等
A【夫】はX【妻】との別居後、X【妻】らの生活費の負担を継続している。X【妻】の請求が権利濫用であるとのY【夫】の主張を排斥した。

その後夫婦の婚姻関係
H19.4別居
H25離婚調停
H27離婚訴訟

判決
慰謝料の請求額500万円→判決による認定額300万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【妻の不貞】1回だけ性交渉を持った。既婚者であることを知ったのは性交渉を持った後、慰謝料請求額は330万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【妻】Y【男】はH24.6終わりから7初旬頃に飲食店で一緒に呑んだことで知り合った。

【妻の不貞】幼馴染との不貞、慰謝料請求額は1億1822万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,Y【男】はA【妻】と幼馴染でありX【夫】A【妻】の結婚パーティに友人として出席していた。H22.9.19A【妻】Y【男】は不妊治療中のク...

【妻の不貞】原告側のDVにより不法行為不成立、慰謝料請求額は330万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、A【妻】Y【男】は金沢で4、5回会ったことがある、部屋に行ったことがある、などの付き合いはあったが、当時のA...

【夫の不貞】資格取得の研修で出会う、慰謝料請求額は300万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、H24.3頃、資格取得のための研修コースに参加し、知り合う。その後、仕事上の用事により…

【妻の不貞】少年団の活動で出会う、慰謝料請求額は400万、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、少年団の活動で知り合う。H22.12頃から結婚を前提に交際していた。