【夫の不貞】キャバクラで出会い不貞期間は5か月、慰謝料請求額は700万円、認定額は380万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.9.7
原告
以後Xと表記
妻【37歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【38歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、21歳、Y】
夫婦の婚姻期間 H19.7.7、約5年8か月
夫婦の子の有無 長男【5歳】
長女【3歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H24.10頃~H25.3.10、約5か月

不貞行為当時の夫婦関係
H24.9~10半ば頃まで別居したが、別居解消後は家族で過ごすなどしており、破綻していない。

交際の経緯、積極性等
A【夫】Y【女】はキャバクラで知り合う。A【夫】はY【女】のためにマンションを賃借し、そこに住まわせ不貞行為を行った。

この事案における特殊性等
AYの本件交際終了後もA【夫】はX【妻】と子らを顧みず、自宅に帰らず妥当な生活費も払わない。よってA【夫】は単独で同居協力扶助義務違反の不法行為を負う。

その後夫婦の婚姻関係
H25.3.9別居

判決
慰謝料の請求額700万円→判決による認定額380万円【Aに対して300万円、連帯債務80万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】旅行や外出をし、不貞期間は2年、慰謝料請求額は1000万円、認定額は500万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】Y【女】はH20.3頃知り合い、2人で外出や旅行をした。Y【女】はA【夫】に対して強い愛情を表現する手紙を作成した。AYは...

【夫の不貞】不貞関係発覚後も関係を継続、慰謝料請求額は500万円、認定額は250万円

不貞行為当時の夫婦関係X【妻】は、米国籍で日本語を母国語としないA【夫】の墨絵画家としての活動を助けてきた...

【夫の不貞】頻繁に利用する飲食店で知り合い、不貞期間は数ヵ月、慰謝料請求額は550万円、認定額は242万円

交際の経緯、積極性等、H22頃A【夫】Y【女】はA【夫】が頻繁に利用していた飲食店で知り合い、その当時からY【女】はA【夫】が婚姻し...

【夫の不貞】不貞期間は9ヶ月、慰謝料請求額は591万3644円、認定額は257万6000円

交際の経緯、積極性等、H22.7頃に知り合い、A【夫】はY【女】の前夫との子を連れて旅行に行ったり、X【妻】へ養育費...

【妻の不貞】上司と部下、慰謝料請求額は3000万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,H23.7頃、A【妻】はY【男】の部下として勤務していた。「愛してる」などと記載した電子メールが頻回にやり取りされて、その内容から...