【妻の不貞】勤務先で知り合い不貞期間は1か月、慰謝料請求額は660万円、認定額は165万円

裁判所 東京地裁
判決日 H28.2.9
原告
以後Xと表記
夫【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 S58.8.8、約31年
夫婦の子の有無 子4人
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H26.9頃~、約1か月

不貞行為当時の夫婦関係
H26.7中旬頃からA【妻】は自宅に戻らなくなった

交際の経緯、積極性等
A【妻】Y【男】はH26.3、勤務先で知り合った。通勤の関係上、インターネットカフェに寝泊まりすることもあったA【妻】に、H26.6、Y【男】が自宅の一室の使用許可を出し、A【妻】はそれを受けた。H26.9、AYは2人で居酒屋に行き、手をつないで帰宅した。H26.10頃からAはY宅の一室を月5万円で間借りしている。Y【男】はA【妻】が既婚者であることを知っていた。

この事案における特殊性等
Y【男】は本件不貞を認めず、不合理な弁解(手をつないでいたのに、単に釣り銭の受け渡しをしたにすぎないとの弁解)に終始している。
X【夫】A【妻】間の価値観の相違が本件不貞の遠因ともいえなくもない。

その後夫婦の婚姻関係
H26.10.20離婚

判決
慰謝料の請求額660万円→判決による認定額165万円【慰謝料150万円、弁護士費用15万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

勤務先で知り合い不貞期間は1年、請求額は300万円、認定額は150万円

この事案における特殊性等、X【配偶者】はAY間のLINEのトーク履歴を不貞の証拠として提出したが、これはA【有責配偶者】が電子メールの添付ファイルと...

【夫の不貞】大学の教授とレッスン生、期間は1年7か月、慰謝料請求額は500万、認定額は100万

交際の経緯、積極性等、Y【女】は所属大学の声楽科教授であるA【夫】の個人レッスンを受けていた。Y【女】はX【夫】A【妻】が婚姻関係...

【妻の不貞】不貞期間は1年、その他多数男性と関係を持つ、慰謝料請求額は330万円、認定額は88万円

この事案における特殊性等X【夫】はうつ病と診断され、経営していた会社を休業せざるを得なくなったが、その精神的苦痛はA【妻】の...

【夫の不貞】小学校の同級生との不貞、同窓会で再会、慰謝料請求額は550万円、認定額は165万円

この事案における特殊性等,A【夫】はH23.8下旬には自宅に帰らなくなり、同9頃から長女を無視するようになった。

【妻の不貞】夫の暴力が別居の原因、慰謝料請求額は762万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,H23秋頃、X【夫】はY【男】の会社との間で自宅に太陽光発電システムを導入する商談をした際にY【男】と知り合い、次第に家族ぐるみ...