【妻の不貞】幼馴染との不貞、慰謝料請求額は1億1822万円、認定額は0円

裁判所 東京地裁
判決日 H28.2.4
原告
以後Xと表記
夫【50歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【45歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、46歳、Y】
夫婦の婚姻期間 H12.9.25、約7年1か月
夫婦の子の有無 長男【8歳】
不貞当事者間に子供がいたか H24.2死産
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞開始時期及び期間
不貞行為不成立

不貞行為当時の夫婦関係
H20末頃には相当程度惡化|していたが、不妊治療は継続していた。

交際の経緯、積極性等
Y【男】はA【妻】と幼馴染でありX【夫】A【妻】の結婚パーティに友人として出席していた。
H22.9.19A【妻】Y【男】は不妊治療中のクリニックに行き、採精している。H23.8.15、A【妻】はY【男】の精子により体外受精した。
H24.11.22、AYは婚姻した。

この事案における特殊性等
H21以降にX【夫】A【妻】が喧嘩した際、X【夫】は離婚届に署名をしてA【妻】に渡した事があり、A【妻】はこれをH21.11.16市長に対し届け出た。
X【夫】はH22.5.27協議離婚無効確認調停をも申立てたが不成立、9.15協議離婚無効確認訴訟を提起し、和解によって協議離婚が有効であることが確認された。

その後夫婦の婚姻関係
H21.11.16協議離婚

判決
慰謝料の請求額1億1822万7963円→判決による認定額0円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】ITスクールの講師同士の不貞、慰謝料請求額は330万円、認定額は198万円

この事案における特殊性等.X【妻】は、Y【女】が慰謝料の支払いを免れるため、A【夫】の名誉を傷付ける内容の虚偽の事実を告げたことによって、より一層...

【妻の不貞】不貞関係を裏付ける客観的証拠が一切提出されていないため不成立、慰謝料請求額は400万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【妻】は、H22.9頃、Y【男】の勤務している老人ホームに入社し、Y【男】と出会った。

【夫の不貞】職場で出会い不貞期間は2か月、慰謝料請求額は220万、認定額は0円

職場にて知り合う。Y【女】はA【夫】が既婚者である事を知っていた。H22.2、Y【女】の妊娠を知った、A【夫】の態度によりY【女】は...

【夫の不貞】一方的に別居に踏み切る、慰謝料請求額は100万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH24.10.25頃知り合い、頻繁にLINEのメッセージを送り合い、Y【女】はA【夫】が賃貸物件を探すのを手伝ったりした。

【妻の不貞】整骨院の経営者と従業員、不貞期間は2か月、慰謝料請求額は550万円、認定額は135万円

交際の経緯、積極性等、A【妻】は、H25.3頃からY【男】が経営する整骨院に勤務した。