【妻の不貞】整骨院の経営者と従業員、不貞期間は2か月、慰謝料請求額は550万円、認定額は135万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.7.2
原告
以後Xと表記
夫【46歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【45歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H7.4.25、約20年
夫婦の子の有無 長女【18歳】
長男【15歳】
次女【11歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H25.12.27、約2か月

不貞行為当時の夫婦関係
破綻はしていない。

交際の経緯、積極性等
A【妻】は、H25.3頃からY【男】が経営する整骨院に勤務した。

この事案における特殊性等
X【夫】A【妻】間には、婚姻当初から
①性的関係
②A【妻】の両親との関係
③X【夫】がA【妻】と子供の学校の父兄などとの浮気を疑う
④H26.6.X【夫】が、A【妻】Y【男】の浮気を疑い、Aが一旦退職させられる事態を生じるなどの事実が認められ、
これらがXAの婚姻関係破綻の大きな理由の一つと認められる。

その後夫婦の婚姻関係
H26.4.23別居、離婚調停中【離婚自体は同意】

判決
慰謝料の請求額550万円【連帯債務】→判決による認定額135万円【慰謝料請求額は120万円、弁護士費用15万円、連帯債務】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【妻の不貞】職場の同僚で不貞行為不成立、慰謝料請求額は500万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、A【妻】Y【男】は職場の同僚である。相当に親密な関係にあったものと認められるが、A【妻】Y【男】はいずれも離婚に関わる問題を抱...

【夫の不貞】カラオケ教室の生徒との不貞、慰謝料請求額は220万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、A【夫】がスナック経営をする傍ら開いていたカラオケ教室にY【女】が通い、A【夫】の指導を受けていた。

【夫の不貞】二次会パーティで出会い、慰謝料請求額は330万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,H24.2.26X【妻】A【夫】が知人を集めて開いたパーティーの二次会で知り合った。A【夫】Y【女】はH24.3.7から連絡を取り合うように...

【夫の不貞】不貞関係発覚後も関係を継続、慰謝料請求額は500万円、認定額は250万円

不貞行為当時の夫婦関係X【妻】は、米国籍で日本語を母国語としないA【夫】の墨絵画家としての活動を助けてきた...

【夫の不貞】相手に不貞行為中止を求めても応じず、慰謝料請求額は704万円、認定額は352万円

交際の経緯、積極性等、H25.7、X【妻】が不貞行為中止を求めてY【女】にメールを送ったが、Y【女】は返答せず、不貞...