【夫の不貞】経営する会社に入社し知り合う、不貞期間は約1年、慰謝料請求額は550万円、認定額は160万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.3.18
原告
以後Xと表記
妻【40歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【47歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、39歳、Y】
夫婦の婚姻期間 H18.3、約5年3か月
夫婦の子の有無 長女【16歳、Xの連れ子】
次女【13歳、Xの連れ子】
三女【3歳】
不貞当事者間に子供がいたか 双子【6歳】
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞行為当時の夫婦関係
X【妻】はA【夫】の遅い帰宅や外泊が続いたことから浮気を疑ったが、確信には至らず、良好な関係であった。

不貞開始時期及び期間
H19.10~H20頃、約1年

交際の経緯、積極性等
Y【女】がA【夫】の経営会社に入社し、知り合う。
H20.6頃には会うことが少なくなり、Y【女】は、出産後はA【夫】から養育費として月額20万円の支払を受けて子どもと生活している。

この事案における特殊性等
Y【女】がX【妻】とA【夫】の婚姻関係が破綻していると認識してもやむを得ないような事情があったとも認められない。

その後夫婦の婚姻関係
H22.8別居

判決
慰謝料の請求額550万円→判決による認定額160万円【慰謝料150万円、弁護士費用10万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【妻の不貞】中学のクラス会で再会し不貞期間は半年、慰謝料請求額は2400万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等、A【妻】Y【男】は中学校の同級生であり、H23.10頃のクラス会で再会した。H24.8には一緒に旅...

【夫の不貞】中学の同級生との不貞行為、慰謝料請求額は330万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、XAYは、中学校の同級生。Y【女】はX【妻】A【夫】が交際を始める以前のH22.7頃、A【夫】とミクシィを通じて...

【夫の不貞】職場の同僚と不貞期間は2年、慰謝料請求額は500万、認定額は200万

交際の経緯、積極性等、A【夫】Y【女】は同僚でありY【女】はA【夫】が妻帯者であることを知っていた。A【夫】が不貞関係を主導し...

【夫の不貞】妻が女にメールを送ることにより既婚者であることを知る、慰謝料請求額は300万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH21.5頃から交際を始めたが、Y【女】はA【夫】が既婚者であることを知らなかった。

【夫の不貞】子の保育園で面識を持ち不貞期間は数か月、慰謝料請求額は200万、認定額は200万

交際の経緯、積極性等、夫婦の末子と女【被告】の子が同年で、同じ保育園に通っていたため面識を持った。