不貞期間は3年、慰謝料請求額は2200万円、認定額は330万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.2.12
原告
以後Xと表記
配偶者【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
有責配偶者【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
相姦者【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H17.5.21、約9年
夫婦の子の有無 長女【7歳】
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
記載なし

不貞開始時期及び期間
H23.6.26~、約3年

不貞行為当時の夫婦関係
破綻していない。

交際の経緯、積極性等
H22秋頃から会うようになり現在も肉体関係を継続している。

この事案における特殊性等
Y【被告】は答弁書その他書面の提出をしない。

その後夫婦の婚姻関係

判決
慰謝料の請求額2200万→判決による認定額330万円【慰謝料300万円、弁護士費用30万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】経営する会社に入社し知り合う、不貞期間は約1年、慰謝料請求額は550万円、認定額は160万円

交際の経緯、積極性等、Y【女】がA【夫】の経営会社に入社し、知り合う。H20.6頃には会うことが少なくなり、Y【女】は、出産後は...

【夫の不貞】妻が女にメールを送ることにより既婚者であることを知る、慰謝料請求額は300万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH21.5頃から交際を始めたが、Y【女】はA【夫】が既婚者であることを知らなかった。

【夫の不貞】女が妻に交際している旨のメッセージをフェイスブックで送る、慰謝料請求額は550万円、認定額は176万円

交際の経緯、積極性等,Y【女】は、H26.7東京の友人に会うために福岡から上京した際、A【夫】と知り合った。

【夫の不貞】女が勤務する飲食店で出会う、慰謝料請求額は500万円、認定額は50万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH22頃までに、Y【女】の勤務していた飲食店で知り合った。

【妻の不貞】ソープランドの従業員と客の不貞、慰謝料請求額は386万4000円、認定額は165万円

交際の経緯、積極性等,ソープランドで働いていたA【妻】は、H26.6頃、客として訪れたY【男】と出会った。Y【男】はA【妻】が既婚者だと知っていた。