【夫の不貞】不貞相手との間に子あり、慰謝料請求額は500万円、認定額は0円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.10.29
原告
以後Xと表記
妻【26歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【30歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H25.2.27、約8か月
夫婦の子の有無 子【1歳】
不貞当事者間に子供がいたか 子【0歳】
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
不貞行為不成立

不貞行為当時の夫婦関係
H25.9、A【夫】はX【妻】と離婚する意思を明確にし、破綻した。

交際の経緯、積極性等
A【夫】Y【女】はH25.11.22に婚姻した。

この事案における特殊性等
定妊娠時期により、AY間において性交渉が認められるのはH25.10.30である。

その後夫婦の婚姻関係
H25.8.11別居
10.17協議離婚

判決
慰謝料の請求額500万円→判決による認定額0円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【夫の不貞】LINEでのメッセージが不貞行為の根拠に、慰謝料請求額は330万円、認定額は99万円

不貞行為当時の夫婦関係,H25年末からH26.1当時、A【夫】はY【女】以外の女性とも不貞関係にあり、X【妻】A【夫】の婚姻関係は相当程度悪化していた。

【夫の不貞】双方に配偶者あり、損害賠償請求をし合わないことを決めた

不貞行為当時の夫婦関係、婚姻したばかりであった。

【妻の不貞】社内で不貞行為を行い不貞期間は2ヵ月、慰謝料請求額は250万円、認定額は150万円

交際の経緯、積極性等,A【妻】Y【男】は同じ職場に勤務し、H25.4頃知り合った。H25.7.17、社内で不貞関係を持った。

【夫の不貞】不貞発覚後も関係を継続、期間は約22年、慰謝料請求額は1100万円、認定額は440万円

交際の経緯、積極性等、H5に不貞関係がX【妻】に露見した後も、A【夫】Y【女】はX【妻】を欺く態様で不貞関係を継続した。

【夫の不貞】カラオケ教室の生徒との不貞、慰謝料請求額は220万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、A【夫】がスナック経営をする傍ら開いていたカラオケ教室にY【女】が通い、A【夫】の指導を受けていた。