【妻の不貞】原告側のDVにより不法行為不成立、慰謝料請求額は330万円、認定額は0円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.2.17
原告
以後Xと表記
夫【45歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【被告、35歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【Y】
夫婦の婚姻期間 H24.4.2、約3か月
夫婦の子の有無 なし
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞開始時期及び期間
不法行為不成立

不貞行為当時の夫婦関係
H18頃から交際していたが 、A【妻】はX【夫】のDVに悩まされており、婚姻後もそれは変わらなった。

交際の経緯、積極性等
A【妻】Y【男】は金沢で4、5回会ったことがある、部屋に行ったことがある、などの付き合いはあったが、
当時のA【妻】のX【夫】に対する思いなどを考慮すると、A【男】Y【妻】間で男女関係があったと認めるには足りない。

この事案における特殊性等
X【夫】とA【妻】が離婚に至ったのは、
X【夫】の暴力又は暴力的な態度によるところが多分にあると解される。

その後夫婦の婚姻関係
H24.4.27別居
H24.6.20協議離婚

判決
慰謝料の請求額330万円→判決による認定額0円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【妻の不貞】フィリピンパブの客と従業員、慰謝料請求額は1100万円、認定額は110万円

交際の経緯、積極性等,A【妻】Y【男】は、H22にA【妻】が働いているフィリピンパブで出会った。

【夫の不貞】大学の同期生との不貞、慰謝料請求額は300万、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、大学の同期生。2人で会食をしたり恋愛感情を表現するようなメールを送ったりした。

【夫の不貞】離婚した後、婚姻する意思を有している、慰謝料請求額は660万円、認定額は150万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】は同じ会社に勤務しており、面識があった。Y【女】はA【夫】からX【妻】との夫婦関係が良好でないと告げられ....

【夫の不貞】不貞相手はファンでイベントで出会う、不貞期間は16年、慰謝料請求額は330万円、認定額は132万円

交際の経緯、積極性等,Y【女】はA【夫】のファンであり、イベントに参加し、ライブの手配をするようになった。H23.2までAYは年3回程度肉体関係を持ってい...

【妻の不貞】オーストリアで出会い、不貞期間は5年、慰謝料請求額は500万円、認定額は150万円

交際の経緯、積極性等,Y【男】はH9.8~10.9にウィーンに滞在しており、A【妻】と会った。H9.11、Y【男】はA【妻】が婚姻していることを知りながら不貞関係...