【妻の不貞】上司と部下、慰謝料請求額は3000万円、認定額は0円

裁判所 東京地裁
判決日 H28.2.12
原告
以後Xと表記
夫【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H23.4頃、内縁関係
H26.4.15婚姻、約1年
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞開始時期及び期間
本件婚姻前

不貞行為当時の夫婦関係

交際の経緯、積極性等
H23.7頃、A【妻】はY【男】の部下として勤務していた。「愛してる」などと記載した電子メールが頻回にやり取りされて、その内容から性的関係を伴う親密な交際をしていたものと推測された。

この事案における特殊性等
本件はY【男】が勤務していた会社を被告として使用者責任を問うている。A【男】Y【妻】は自由意思に基づき交際を継続していたに過ぎず、被告の事業内容や、Y【男】の職務執行の一部あるいはその延長として交際がされたと評価することはできないし、これらと密接に関係があるものとして交際がされたということもできない。

その後夫婦の婚姻関係

判決
慰謝料の請求額3000万円→判決による認定額0円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【妻の不貞】夫の暴力が別居の原因、慰謝料請求額は762万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,H23秋頃、X【夫】はY【男】の会社との間で自宅に太陽光発電システムを導入する商談をした際にY【男】と知り合い、次第に家族ぐるみ...

【夫の不貞】妻は不貞により心療内科に通院を余儀なくされている、慰謝料請求額は330万円、認定額は250万円

この事案における特殊性等,Y【女】は出頭及び書面提出をしないため、自白したものとみなされた。X【妻】は心療内科にほぼ毎月通院して服薬を継続するこ....

【夫の不貞】離婚した後、婚姻する意思を有している、慰謝料請求額は660万円、認定額は150万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】は同じ会社に勤務しており、面識があった。Y【女】はA【夫】からX【妻】との夫婦関係が良好でないと告げられ....

御神輿の集まりで知り合い、不貞期間は1年4か月、慰謝料請求額は500万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,H25.5、御神輿の集まりを通じて知り合った。Y【相姦者】はA【有責配偶者】が既婚者であることを知っていた。

【妻の不貞】散歩でお互いを見かけるようになり交流をもつ、不貞期間は1か月、慰謝料請求額は550万円、認定額は55万円

交際の経緯、積極性等、H25.11頃、散歩を習慣としていたA【妻】Y【男】はお互いを見掛けるようになり、交流を持った。H26.1に交際するようになり、2月にはY...