【夫の不貞】子の保育園で面識を持ち不貞期間は数か月、慰謝料請求額は200万、認定額は200万

裁判所 東京地裁
判決日 H.26.11.13
原告
不貞当事者【配偶者】
不貞当事者【被告】 女【被告、独身】
夫婦の婚姻期間 H17.2.2、約7年半
夫婦の子の有無 子【14歳、前夫の子】
子【11歳】
子【7歳】
H21.6中絶
不貞当事者間に子供がいたか なし
被告から原告に対する謝罪の有無等 なし

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H24.11~、数か月

不貞行為当時の夫婦関係
破綻はしていなかった

交際の経緯、積極性等
夫婦の末子と女【被告】の子が同年で、同じ保育園に通っていたため面識を持った。

この事案における特殊性等
長子の「もう帰ってこなくていいよ」との発言を契機として夫【有責配偶者】が家を出て
以降夫婦が別居しているがこのような夫の行動は同人のみの選択によるものであり
妻【原告】が容認したものではない。
女【被告】は夫婦の別居後、他人の目をはばかる事なく二人は夫婦同然のような振る舞いを続けている。

その後夫婦の婚姻関係
H24.11.7、別居

判決
慰謝料の請求額200万→判決による認定額200万

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】職場の同僚と不貞期間は2年、慰謝料請求額は500万、認定額は200万

交際の経緯、積極性等、A【夫】Y【女】は同僚でありY【女】はA【夫】が妻帯者であることを知っていた。A【夫】が不貞関係を主導し...

【夫の不貞】婚姻していることを知りながら妊娠、不貞期間は1年、慰謝料請求額は330万円、認定額は143万円

この事案における特殊性等A【夫】が、Y【女】に対し、X【妻】との婚姻関係が破綻していると説明したとしても、それだけではY【女】の過失は否定されない

【夫の不貞】スナックで出会い、不貞期間は2年7か月、慰謝料請求額は550万円、認定額は28万円

交際の経緯、積極性等、Y【女】が勤務するスナックで知り合う。

【夫の不貞】経営する会社に入社し知り合う、不貞期間は約1年、慰謝料請求額は550万円、認定額は160万円

交際の経緯、積極性等、Y【女】がA【夫】の経営会社に入社し、知り合う。H20.6頃には会うことが少なくなり、Y【女】は、出産後は...

【夫の不貞】出会い系サイトで出会い不貞期間は2年半、慰謝料請求額は275万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,H23.6、出会い系サイトにて知り合う。その後交際を開始し、8月中旬、不貞行為をした。23.9初旬、Y【女】はA【夫】から婚姻している...