【夫の不貞】資格取得の研修で出会う、慰謝料請求額は300万円、認定額は0円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.4.15
原告
以後Xと表記
妻【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、既婚者、Y】
夫婦の婚姻期間 H12.1.1、約14年
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞行為当時の夫婦関係
H24.2、AはY【女】以外の女性と不貞関係になったが、8月には関係を解消し、その後X【妻】A【夫】は表面上は円満に過ごしていた。

不貞開始時期及び期間
不法行為不成立

交際の経緯、積極性等
H24.3頃、資格取得のための研修コースに参加し、知り合う。
その後、仕事上の用事により、A【夫】Y【女】は他の同僚と共に遠方へ赴くこともあった。

この事案における特殊性等
X【妻】が依頼した探偵事務所の調査によると、かなり長時間にわたってなされた観察の中で、
A【夫】Y【女】は手を握る、肩を抱くといった男女の交際中であれば行うであろう行動を全くしておらず、
メールにも親密な関係を示す文言は見られなかった。

その後夫婦の婚姻関係
H25.4.8別居

判決
慰謝料の請求額300万円→判決による認定額0万円

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】携帯電話のメッセージで性的関係発覚、慰謝料請求額は550万円、認定額は220万円

交際の経緯、積極性等、Y【女】はA【夫】が既婚者であることを知りながら交際を開始した。H25.4、AYは半同棲生活を開始した。

【夫の不貞】不貞相手との間に子あり、期間は9年半、慰謝料請求額は500万円、認定額は300万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH15.3頃に知り合い、間もなく性交渉を含む交際を開始したが、同年9月頃にX【妻】に発覚し交際を一旦解消した。

【妻の不貞】外国人交流パーティで出会う、不貞行為は1回、慰謝料請求額は330万円、認定額は110万円

交際の経緯、積極性等,A【男】Y【妻】は、H25.12.外国|人との交流を謳ったパーティーで知り合った。

【妻の不貞】同じ職場での不貞、期間は1か月、慰謝料請求額は330万円、認定額は200万円

交際の経緯、積極性等、A【妻】Y【男】は同じ職場に勤めていた。

【夫の不貞】小学校の同級生との不貞、同窓会で再会、慰謝料請求額は550万円、認定額は165万円

この事案における特殊性等,A【夫】はH23.8下旬には自宅に帰らなくなり、同9頃から長女を無視するようになった。