【妻の不貞】ミクシィで知り合い不貞期間は5か月、慰謝料請求額は220万円、認定額は88万円

裁判所 東京地裁
判決日 H24.2.20
原告
以後Xと表記
夫【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、既婚者、Y】
夫婦の婚姻期間 H15.4.28、約10年
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞行為当時の夫婦関係
良好であった

不貞開始時期及び期間
H25.2~7中旬頃、約5か月

交際の経緯、積極性等
ミクシィを通じて知り合い、お互いに配偶者がいることを知りながら不貞行為をおこなった。

この事案における特殊性等
共同不法行為者(A【妻】とY【男】)相互間の責任の主従は、
その内部における負担部分を定めるに当って考慮されるものに過ぎない

その後夫婦の婚姻関係
同居を継続
X【夫】はA【妻】を擁護

判決
慰謝料の請求額220万円→判決による認定額88万円【慰謝料80万円、弁護士費用8万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】知人と飲食をした際に知り合い不貞期間は5年、慰謝料請求額は373万円、認定額は220万円

交際の経緯、積極性等、H20頃、A【夫】は知人らと飲食した際にY【女】を紹介され、知り合った。その後6月頃にA【夫】が飲食店をオー...

【夫の不貞】スナックで出会い、不貞期間は2年7か月、慰謝料請求額は550万円、認定額は28万円

交際の経緯、積極性等、Y【女】が勤務するスナックで知り合う。

【夫の不貞】一方的に別居に踏み切る、慰謝料請求額は100万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH24.10.25頃知り合い、頻繁にLINEのメッセージを送り合い、Y【女】はA【夫】が賃貸物件を探すのを手伝ったりした。

【夫の不貞】ホステスとの不倫、不貞期間は約15年、慰謝料請求額は400万、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、ホステスをしていた女【被告】と知り合った夫【有責配偶者】が女の勤務先に訪れるようになった。H4頃から同居した。

【夫の不貞】精神医学講座にて知り合う、夫は講師、慰謝料請求額は1500万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【夫】が講師をしていた精神医学講座でY【女】が研修を受けて知り合った。その後Y【女】は同講座に助教授として所属した。