【夫の不貞】知人と飲食をした際に知り合い不貞期間は5年、慰謝料請求額は373万円、認定額は220万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.5.26
原告
以後Xと表記
妻【37歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【41歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、36歳、Y】
夫婦の婚姻期間 H21頃婚約
H24.11.1婚姻、約2年
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H21.8頃~、約5年

不貞行為当時の夫婦関係

交際の経緯、積極性等
H20頃、A【夫】は知人らと飲食した際にY【女】を紹介され、知り合った。
その後6月頃にA【夫】が飲食店をオープンしたことを聞いたY【女】が同店に1人で来店した。
Y【女】はA【夫】に妻があることを知りながら密会を繰り返した。

この事案における特殊性等
H26.3.17XAYで話し合いを行った際、関係解消を求めたXに対し、Yは関係を継続する旨を伝え、実際に不貞行為を繰り返した。
YはX主張の事実を争わない。

その後夫婦の婚姻関係
結婚生活は修復困難な状態

判決
慰謝料の請求額373万9200円→判決による認定額220万円【慰謝料200万円、弁護士費用20万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

御神輿の集まりで知り合い、不貞期間は1年4か月、慰謝料請求額は500万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,H25.5、御神輿の集まりを通じて知り合った。Y【相姦者】はA【有責配偶者】が既婚者であることを知っていた。

【夫の不貞】妻が女にメールを送ることにより既婚者であることを知る、慰謝料請求額は300万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH21.5頃から交際を始めたが、Y【女】はA【夫】が既婚者であることを知らなかった。

【夫の不貞】妻を介して知り合い不貞期間は数か月、慰謝料請求額は300万円、認定額は80万円

交際の経緯、積極性等、Y【女】はX【妻】が飲食する寿司店で働いており、H25夏頃X【妻】を介してA【夫】と知り合った。H25.12、A【夫】がY【女】に、離婚...

【夫の不貞】双方に配偶者あり、損害賠償請求をし合わないことを決めた

不貞行為当時の夫婦関係、婚姻したばかりであった。

【夫の不貞】不貞関係発覚後も関係を継続、慰謝料請求額は500万円、認定額は250万円

不貞行為当時の夫婦関係X【妻】は、米国籍で日本語を母国語としないA【夫】の墨絵画家としての活動を助けてきた...