【夫の不貞】双方に配偶者あり、損害賠償請求をし合わないことを決めた

裁判所 東京地裁
判決日 H27.2.20
原告
以後Xと表記
妻【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、既婚者、Y】
夫婦の婚姻期間 H24.6.29、約半年
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞行為当時の夫婦関係
婚姻したばかりであった。

不貞開始時期及び期間

交際の経緯、積極性等

この事案における特殊性等
X【妻】とA【夫】は婚姻関係を継続し、損害賠償請求をし合わないことを決めた。

その後夫婦の婚姻関係
婚姻関係を継続。

判決

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】資格取得の研修で出会う、慰謝料請求額は300万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、H24.3頃、資格取得のための研修コースに参加し、知り合う。その後、仕事上の用事により…

【妻の不貞】バレーボールチームの代表との不貞、慰謝料請求額は300万円、認定額は150万円

交際の経緯、積極性等,Y【男】は、H25.9末頃にA【妻】、長女及び二女が、同年12月頃X【夫】が参加するようになったバレーボールチームの代表を務めていた。

【妻の不貞】上司と部下、慰謝料請求額は3000万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,H23.7頃、A【妻】はY【男】の部下として勤務していた。「愛してる」などと記載した電子メールが頻回にやり取りされて、その内容から...

【夫の不貞】取締役と保険の営業担当の不貞、期間は4か月、慰謝料請求額は500万円、認定額は165万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】はY【女】が保険の営業を担当している会社の取締役であり、Y【女】が担当になる前後から親しくなった。

【夫の不貞】妻は不貞により心療内科に通院を余儀なくされている、慰謝料請求額は330万円、認定額は250万円

この事案における特殊性等,Y【女】は出頭及び書面提出をしないため、自白したものとみなされた。X【妻】は心療内科にほぼ毎月通院して服薬を継続するこ....