【妻の不貞】不貞期間は1年、その他多数男性と関係を持つ、慰謝料請求額は330万円、認定額は88万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.2.26
原告
以後Xと表記
夫【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H18.1.5、約6年8か月
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞行為当時の夫婦関係
平穏な婚姻生活を送っていた。

不貞開始時期及び期間
H19.7頃~H20.8頃、約1年

交際の経緯、積極性等
A【妻】はY【男】以外にも多数の男性との間でも性交渉に及んでいた。

この事案における特殊性等
X【夫】はうつ病と診断され、経営していた会社を休業せざるを得なくなったが、
その精神的苦痛はA【妻】のY【男】以外の男性との不貞行為によって生じた部分も踏まえる必要がある。

その後夫婦の婚姻関係
H24.9.3離婚

判決
慰謝料の請求額330万円→判決による認定額88万円【慰謝料80万円、弁護士費用8万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】大学の同期生との不貞、慰謝料請求額は300万、認定額は0円

交際の経緯、積極性等、大学の同期生。2人で会食をしたり恋愛感情を表現するようなメールを送ったりした。

【妻の不貞】インターネットで知り合い不貞期間は3日、慰謝料請求額は500万円、認定額は110万円

不貞行為当時の夫婦関係,A【妻】が生活費の困窮等に不満を抱きX【夫】の暴力等を警察署に訴えて相談していたが、具体的な別居の予定もなかったことから...

【妻の不貞】地元の友人との不貞、期間は2か月、慰謝料請求額は550万円、認定額は220万円

裁判所 東京地裁 判決日 H27.27 原告 以後Xと表記 夫【X】 不貞当事者【有責配偶者】 以後Aと表記 妻【A】 ...

【夫の不貞】小学校の同級生との不貞、同窓会で再会、慰謝料請求額は550万円、認定額は165万円

この事案における特殊性等,A【夫】はH23.8下旬には自宅に帰らなくなり、同9頃から長女を無視するようになった。

【妻の不貞】男は配偶者がいることを知りながら不貞行為、慰謝料請求額は220万円、認定額は116万円

交際の経緯、積極性等,H26.5頃から、Y【男】はA【妻】に配偶者がいることを知りながら深夜、性行為に及んだ。