【妻の不貞】不貞期間は1年、その他多数男性と関係を持つ、慰謝料請求額は330万円、認定額は88万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.2.26
原告
以後Xと表記
夫【X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
妻【A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
男【被告、Y】
夫婦の婚姻期間 H18.1.5、約6年8か月
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
妻の不貞行為

不貞行為当時の夫婦関係
平穏な婚姻生活を送っていた。

不貞開始時期及び期間
H19.7頃~H20.8頃、約1年

交際の経緯、積極性等
A【妻】はY【男】以外にも多数の男性との間でも性交渉に及んでいた。

この事案における特殊性等
X【夫】はうつ病と診断され、経営していた会社を休業せざるを得なくなったが、
その精神的苦痛はA【妻】のY【男】以外の男性との不貞行為によって生じた部分も踏まえる必要がある。

その後夫婦の婚姻関係
H24.9.3離婚

判決
慰謝料の請求額330万円→判決による認定額88万円【慰謝料80万円、弁護士費用8万円】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
お悩みの方は弁護士法人が運営する【探偵社 響・エージェント】へご相談を。
無料相談はこちらから

【夫の不貞】夫が不貞相手に暴力を振るい有罪判決、慰謝料請求額は440万円、認定額は77万円

交際の経緯、積極性等,H26.3初旬A【夫】Y【女】は知り合い、同月末頃交際を開始した。Y【女】はA【夫】が既婚者であることを認識していした。

【夫の不貞】夫婦間で些細な事で口論になることが多かった、慰謝料請求額は500万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【女】はH23に仕事で一緒になって知り合った。

【夫の不貞】不貞期間は5年、慰謝料請求額は300万、認定額は200万

交際の経緯、積極性等、H18.12.18頃Y【女】がA【夫】に対してメールしたことで知り合う。H20.8頃からキスするようになった。

【夫の不貞】風俗店で知り合い不貞期間は11か月、慰謝料請求額は300万円、認定額は60万円

交際の経緯、積極性等、A【夫】Y【女】は、Y【女】が勤務していた風俗店にA【夫】が来店し、知り合う。H25.10以降、Y【女】はA【夫】のY【女】に対する好意...

【夫の不貞】元妻からの請求、慰謝料請求額は330万円、認定額は0円

交際の経緯、積極性等,A【夫】Y【現妻】は小学校の同級生であり、遅くとも、H8以降から同窓会を通じて交流があった。遅くともH16.1頃には交際を開始し....