【夫の不貞】旅行や外出をし、不貞期間は2年、慰謝料請求額は1000万円、認定額は500万円

裁判所 東京地裁
判決日 H27.7.23
原告
以後Xと表記
妻【40歳、X】
不貞当事者【有責配偶者】
以後Aと表記
夫【43歳、A】
不貞当事者【被告】
以後Yと表記
女【被告、41歳、Y】
夫婦の婚姻期間 H17.7.7、約5年
夫婦の子の有無
不貞当事者間に子供がいたか
被告から原告に対する謝罪の有無等

どちらの不貞行為か【有責配偶者】
夫の不貞行為

不貞開始時期及び期間
H20.6~、約2年

不貞行為当時の夫婦関係
破綻していない。

交際の経緯、積極性等
A【夫】Y【女】はH20.3頃知り合い、2人で外出や旅行をした。Y【女】はA【夫】に対して強い愛情を表現する手紙を作成した。
AYはH23.11.25に同居をし、H25.10.9に婚姻をした。

この事案における特殊性等
A【夫】が全裸でY【妻】が下着姿で抱擁して口づけをしている姿の写真がある。

その後夫婦の婚姻関係
H22.8.18別居
H23.7.8協議離婚

判決
慰謝料の請求額1000万円【連帯債務】→判決による認定額500万円【連帯債務】

浮気でお悩みの場合、適切な慰謝料を受け取るためには不貞行為を証明する証拠が必要です。
しっかりとした証拠で
交渉を有利に進めましょう。

【夫の不貞】女が妻に交際している旨のメッセージをフェイスブックで送る、慰謝料請求額は550万円、認定額は176万円

交際の経緯、積極性等,Y【女】は、H26.7東京の友人に会うために福岡から上京した際、A【夫】と知り合った。

【夫の不貞】学会主催のワークショップで知り合い不貞期間は2年、慰謝料請求額は300万円、認定額は100万円

交際の経緯、積極性等、H21秋、学会主催のワークショップにて知り合う。Y【女】が学位を取得するための事実上の指導をA【夫】が行うことになった。YはAが...

【妻の不貞】ミクシィで知り合い不貞期間は5か月、慰謝料請求額は220万円、認定額は88万円

交際の経緯、積極性等、ミクシィを通じて知り合い、お互いに配偶者がいることを知りながら不貞行為をおこなった。

【妻の不貞】オーストリアで出会い、不貞期間は5年、慰謝料請求額は500万円、認定額は150万円

交際の経緯、積極性等,Y【男】はH9.8~10.9にウィーンに滞在しており、A【妻】と会った。H9.11、Y【男】はA【妻】が婚姻していることを知りながら不貞関係...

【妻の不貞】パート先の従業員と不貞、期間は2年、慰謝料請求額は546万円、認定額は220万円

交際の経緯、積極性等、A【妻】はY【男】の会社のパート従業員であった。Y【男】はA【妻】に夫がいることを知ってい...